7/22 広瀬団地県営住宅K棟にエレベーターが設置される

 群馬県県土整備部建築住宅課は、広瀬団地(広瀬町2丁目)K棟の大規模改修工事に着手し、来年1月中旬には完了をめざしています。e0258493_1557516.jpg

 改修内容は、建物の北側に横ローカを取り付け、ローカの両サイドに新たな階段とローカの中央にエレベーター1基を設置。また、1階は障害者用の車いす住戸、2階・3階は和洋2部屋で高齢者住戸に、4階・5階は、

階段付き2戸1世帯用住宅に大規模な改修を計画しています。
また、同建築住宅課は、広瀬団地(広瀬町3丁目)G棟の住民の移転を進めていますが、G棟の改修工事につ
いては、K棟終了後の計画になると話しています。

 中道議員は「G棟にもエレベーター設置を要望して、高齢者も子育て世帯も安心して暮らせる住みよい県営住宅にしていきたい」と話しています。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-24 15:45