3/13 中道浪子3月議会総括質問「就学援助制度の拡充」

                     子育て支援策の充実
                  
 中道浪子議員は「国は、新年度予算案で生活保護世帯の『新入学児童生徒学用品費』つまり、『新入学準備金』の補助単価を小学校は2万470円を4万6百円に、中学校は2万3550円を4万7400円にそれぞれ
約2倍に引き上げた。e0258493_1573531.jpg  

 本市でも、国からの通達の関係で、まだはっきり示せないようだが、今回の単価改定も準用保護(就学援助)世帯に適用すべきだと思うが当局の見解を」と質問。

 また「太田市では、すでに小学校の入学準備金を4万円に、中学校は5万円に増額している。本市では、補正を組んでからと先送りですが、ぜひ、引き上げを求める」と質問。

 続いて「準用保護(就学援助制度)における『新入学準備金』支給の前倒しについて、本市では、通常6月頃に『新入学準備金』を支給するため、入学時に必要なランドセルや制服など購入するのにお金を借りて対応
する家庭もある。制服が買えなくて入学式を欠席する子もいると聞いている。

 太田市では、2月・3月に支給を前倒しして入学時に間に合うように対応している。すでに全国88の自治体が入学前に支給を変更し対応している。新年度4月入学の子どもから始めるところも24か所あり、合計112
の自治体に広がっている。本市でも、『入学準備金』を前倒して、家族で心から入学を喜び合えるようにすべき」と質問しました。

 同議員は、子育て支援の充実(学校給食費の完全無料化・こども医療費の高校までの無料化・保育料の第2子無料化・就学援助制度の拡充)の総括質問の最後に市長に対して「こんなに大事な子育て支援策が『前

橋版人口ビジョンに』には示されていない。くらし、福祉、子育て支援を優先してほしい。本議会に新婦人から請願も提出されている。市長は、市民の要望に応えるべき」とただしました。
[PR]

by nnakamiti | 2017-04-13 15:03