10/21 「あかるいまち」より

                    「群馬県保険医協会有志と懇談」 

 日本共産党前橋地区委員会と党前橋市議団は10日夜、群馬県保険医協会理事会終了後、役員有志の方々と懇談を行いました。e0258493_16384583.jpg

  生方秀男衆院1区予定候補、酒井宏明県議、中道議員ら市議団5人全員が参加しました。
 最初に保険医協会の柳川会長から「『税と社会保障の一体改革』、『TPP参加反対』である。仕入れにかか

る消費税が保険の対象にならず損税となっており、医院でも150万円くらいある。『国民皆保険を政府は原則として守る』といいながら、崩されようとしている。混合診療も解禁になってしまう。株式会社の参入、医者の流

入・流出問題、薬価も高いものになる可能性がある。TPP参加反対を最重要と考え運動をしている」との報告がありました。続いて、生方候補が党の政策・提言について説明しました。

 懇談では「医療は出来高払い制度で過剰診療が生まれる問題がある。健康・予防指導などを評価する制度に変える必要がある」「歯科医は患者を診療するのに一人一人手袋を変えるが、手袋代は患者に転嫁でき

ず、全て損税になる。その上、歯科は点数が下がり続けている」「医療廃棄物処理は医院長に責任が持たされており、業者の責任は回避されている」と。

 また、「なぜ共産党が伸びないのか」、「女性のパート問題などもっと取組んだらどうか」などの質問も出されました。

生方候補は「マスコミの偏った報道があるのは確かだが、そうは言っていられない。自らの努力で党の力をつけるしかない。要求に基づく運動の発展や党員・しんぶん赤旗の読者を増やすなど全力で取組んでいる。大
いにご意見をお寄せ下さい」と回答しました。

 最後に、中道浪子市議団長から「懇談の場を持っていただき感謝いたします。今後ともよろしくお願いいたします」と感謝のことばを述べて閉会しました。


          「文京町4丁目区画整理研究会が前橋市に保留地価格の引き下げを求め要請」

 文京町4丁目区画整理研究会の代表は10日、前橋市副市長に「保留地価格についての陳情書」を206筆分提出しました。研究会のみなさんは、暑い夏場に町内を歩き「ぜひ、保留地を下げて欲しい」と切実な声が
署名に込められています。
e0258493_16471986.jpg
同席した中道浪子議員は「これまで力を尽くしてきた笠原寅一議員に引き継いで、住民要望実現のために頑












e0258493_16492614.jpg張ります」と述べています。


    







 





   

     「政府は国民の命に責任を持て」「毎月行っている昼デモが1年に」

e0258493_170848.jpg

 毎月行われている、原発からの撤退を求める昼休みデモが11日、1いるもの。この日も楽器やプラカードを手にした役70人が「原発事故は終わってないぞ」「政府は国民の命に責任を持て」などと唱和しながら市街地

を行進。国道を挟んだ歩道でシュプレヒコールに合わせてこぶしを突き上げる若いお母さんの姿や店から出てきて「毎月頑張っていますね」と手を振る店主がおりました。


                 
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-23 16:35

10/14 「あかるいまち」より

 生方秀男衆院1区予定候補と中道なみ子市議は10月7日、前橋市内で街頭宣伝を行いました。生方秀男予定候補は野田民主党政権がすすめるオスプレイの配備と低空飛行訓練に対して「日本国民の命を守るよ

りアメリカの言いなりになるのか」と野田首相のアメリカべったりの姿勢を批判。  
また、消費税10%を強行した民主・自民・公明党3党の密室談合を指摘し、日本共産党が提起している「消費

税増税に頼らない道がある」ことを訴え、「来る衆院選と来年の参院選で3党に厳しい審判をくだそう」と訴えました。e0258493_1231516.jpg
 
 中道議員は「来年2月の市議選は定数5名削減の中、きびしい選挙が予想される。6期24年の経験で、市民のみなさんの運動と市議会の奮闘が連動すれば必ず市民要望の道が開ける」ことを強調し、「広瀬老人福

祉センター建設、中学卒業までの医療費無料化拡大、給食費無料化第3子実施、全小中学校にエアコン設置、広瀬団地などに外付けエレベーターの設置、市営シルバーハウジングを61戸建設。また、昨年の3・11

以来、全小中学校と公民館などに放射線簡易測定器を配備、調理済み学校給食の放射能検査機器2台配置させる」など紹介しました。

 駒形神社のそばでは、近所の方が出てきて「年金などくれるものは削ってしまい、介護保険料など取るものは容赦なくどんどん取る。たまらない。共産党に頑張ってもらいたい」と訴えられました。みずき野団地では始めての宣伝をしました。
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-23 12:27

10/7 「あかるいまち」より

 日本共産党前橋地区委員会は29日、紙智子参院議員を迎えた演説会を開きました。e0258493_12173972.jpg
 紙議員は、領土問題については尖閣諸島と竹島の領土編入の歴史的経緯にふれ「歴史的事実と道理に立ち、丁寧な外交努力をしないといけない」と強調しました。
 党の「『即時原発ゼロ』の実現を」の提言の紹介や環太平洋連携協定(TPP)をめぐる情勢にふれ「国政と市政を結んでしっかりものが言える共産党と一緒に、新しい日本をつくっていこう」と呼びかけました。
 生方秀男衆院群馬1区候補が「みなさんのつながりを生かして共産党への支援を広げていただきたい」と訴えました。
 e0258493_12191698.jpg来年4月の市議選をたたかう中道浪子、長谷川薫、小林久子、近藤好枝の4氏(いずれも現職)が決意表明しました。勇退する笠原寅一市議があいさつしました。
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-22 17:33

9/3 前橋市長寿者表敬訪問・市長・議長・委員長が手分けで訪問「あかるいまち」より

前橋市は9月3日、市長、議長、教育福祉常任委員長、市職員らが市内在住の長寿者への表敬訪問を行いました。前橋市では、今年度100歳以上の長寿者は195人(男25人・女170人)、75歳以上は41,308人となりました。e0258493_1711225.jpg
 前橋市の最高齢者は110歳の斉藤ハナさんで群馬県の最高齢者でもあります。中道委員長は、104歳と106歳のお二人を表敬訪問しました。お二人は、それぞれの特養老人ホームに入所しており、2か所のホームを訪問しました。ホームでは、対象となった長寿者へのお祝いのつどいが準備されていて、私たちの表敬訪問者を交えてのお祝いのつどいが開かれ(写真上)、中道委員長は両ホームで紹介され、長寿者本人にお祝い金と記念品をお渡しし、あいさつをしました。
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-22 17:04

中道なみ子議員の9月議会報告 地域しんぶん「あかるいまち」9/23号より

 9月議会が4日から27日まで行われています。中道浪子議員は12日、総括質問(答弁を含み31分)を行いました。質問項目は、18歳までの医療費の無料化拡大、30人学級の拡充、小中学校の統廃合問題(広瀬中と春日中の統廃合中止と広瀬小、天神小、朝倉小、上川淵小の統廃合方針撤回)、介護保険料の引き下げ、特養老人ホームの増設、前橋工業高校跡地問題、オスプレイ配備と低空飛行訓練の中止、TPP(環太平洋経済連携協定)参加阻止について質問しましたので順次報告します。
e0258493_17423810.jpg

[PR]

by nnakamiti | 2012-10-17 17:37

地域しんぶん「あかるいまち」9/9号より

前橋市社会保障推進協議会がし国保課と懇談 

 前橋社保協は24日、市の国保課と懇談しました。e0258493_1751349.jpg加盟団体から前橋民商、新婦人前橋支部、群馬中央医療生協、共産党・酒井県議、中道・小林市議など20名が参加しました。
 参加者から「資格証明書の発行はやめるべき。全世帯に保険証を発行すべき。病気でお医者にいけないことがないようにして欲しい」また、「医療費の窓口一部負担金の軽減制度をもっと柔軟に対応して制度の適用者をもっと増やしてほしい」「国保の申請減免制度を改善してほしい」など切実な要望が出されました。
 中道議員は「前橋市は県内他市と比較して国保税が低いことは承知しているが、そもそも国保税が高すぎる。税を払うので精一杯で、お医者に行くお金がないという相談もある。安心してお医者にかかれる国保にして欲しい。医療費の窓口一部負担金の軽減制度は必要。もっと活用できるようにしてほしい」などと切実な市民生活の実態を述べ、市に要請しました。


青空の下「赤城大沼白樺マラソン大会」開く

 8/26日、朝八時半から赤城大沼で開会式。前橋市内は朝から猛暑なのに赤城は肌寒かった。2500人もの参加者が集合し、開会式が行われ、市長をはじめ、議長、教育福祉常任委員らが参加し、中道議員も同席した。e0258493_17233458.jpg












広瀬中学と春日中学の統廃合は事実状中止か?

 8月29日・市教育委員会の指導部の森田課長補佐兼係長らは、「春日・広瀬中学校適正規模合同地区委員会だより」(左の資料)を持って、中道浪子教育福祉常任委員長あてに共産党議員控室に見えました。

森田氏らは、「広瀬中学と春日中学の統合の件で」と切り出し「現在日赤病院誘致が決まったことを踏まえるとこの地域は人口が増えるなど変化が予想される。そのため、統合は望ましいものの、しばらくは地域の変化

を見極める必要があるので、合同地区委員会は、一旦解散として休会とすることになりました」との報告がありました。

 中道議員は、「これまで心配していた保護者や地域の方々に報告しました。みなさんの『よかった』という声を聞いて本当によかった。子どもたちの顔が見えるようだ。これまで地域のみなさんと問題にしてきたことが実って本当によかった」と述べています。
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-17 16:59

各地で活発に学習会が開かれる

地域しんぶん「あかるいまち」9月2日号より

何故、洪水の可能性が最も高い所に清掃工場を建てるのか?
 「下増田新清掃工場を考える会」は25日、永明公民館で中島眞一氏(元地学団体研究会会員)を講師に招き、清掃工場建設地の下増田町の地形や地盤などについて学習しました。
 
 中島氏は、下増田の砂礫(れき)層について、礫とは大きな石も含み不規則に砂や石が並んでいるさまを言e0258493_18341181.jpgう。大変崩れやすい砂礫層の地盤に対して、N値(強度を示す専門用語)は大丈夫とは言えないと指摘しました。会場からも建設地の地盤の強度は心配との発言がありました。 


文京町4丁目区画整理・仮換地についてどう対応するか。
 文京町4丁目区画整理研究会は26日、文4公民館で顧問の笠原議員寅一を講師に勉強会を行い、25人余が熱心に学びました。その後、研究会の総会(15人ほど)を行い、これまでの活動報告、会計報告、新役員

を決めました。審議員の竹内氏から笠原寅一議員が次期市議選勇退のため、中道議員に市のパイプ役として顧問になっていただきたいとの発言があり、その場で中道議員があいさつしました。
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-15 18:27

可憐な「ねじ花」

群馬会館前の芝の中に咲いていた「ねじばな」と「名前わからず」かわいく、可憐な花ですね。e0258493_18134649.jpg

















e0258493_18163061.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-15 18:19

来年2月前橋市議選は定数5名削減で38議席を決める厳しい選挙!!

「地域しんぶん あかるいまち」2012年9月2日号より
 こんにちは、市議会議員の中道浪子です。前橋市議会は、来年2月の市議選から議員数は(現在43人)38人となります。e0258493_17215233.jpg
 
 共産党市議団は「合併して地域が広がり人口も増え、きめ細やかな市政運営が求められているのに、議員削減はそれと逆行し、市民要望実現にも悪影響を及ぼすもの」と反対しました。しかし、多数の議員で議員の削減案を可決しました。
 
 日本共産党前橋地区委員会は、5人の議員削減のなか、笠原寅一議員の勇退により、次回は中道浪子、長谷川薫、小林久子、近藤好枝議員の現職4人が引き続きお世話になることを決めました。
 
 私は、これまで笠原寅一議員が担当していた地域の一部(木瀬・駒形、文京町4丁目、城南地域)を新たに担当することとなりました。
 
 私は、「母と子・お年寄りにやさしい市政」をモットーに、みなさんに支えていただき6期24年がんばってきました。ひろせ老人福祉センターの建設、e0258493_17352835.jpg子どもの医療費無料化を中学卒業まで拡大、全小中学校にエアコン

の設置、学校給食の第3子無料化とエクアドル産のブロッコリーを地元前橋産に、保育料の第3子無料化、













e0258493_17425942.jpg市営住宅への外付けエレベーターの設置、支援付き高齢者市営住宅(シルバーハウジング)を広瀬団地に61戸

建設、全小中学校と公民館などに放射線簡易測定器の配備、調理済み給食の放射性物質測定器の設置など、みなさんと力を合わせて実現させることができました。
 今後も、これまでの経験を活かして、安心して暮らせるやさしい市政実現に全力を尽くします。
 
 年内、あるいは年明けにも国会解散の声もあります。
私は、野田民主党政府と自民党・公明党の3党密約の消費税増税、社会保障の大改悪、原発の再稼働、農

業と暮らしをこわすTPP参加、米軍機オスプレイの配備など、アメリカ・財界言いなりは絶対許せません。 
みなさんどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by nnakamiti | 2012-10-15 17:16