8/30 前橋社会保障推進協議会が市国保課と交渉・懇談

e0258493_16332027.jpg8/30 前橋社会保障推進協議会が前橋市国保課と交渉・懇談をしました。酒井宏明県議・中道浪子議員ら市議団も参加しました。
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-30 16:44

8/22 前橋育英高校が全国高校野球大会で優勝旗を獲得

暑い暑い8月22日、甲子園球場では高校球児の決勝戦が闘われた。
e0258493_21161378.jpgすばらしく、見ごたえのある試合だった。「前橋育英4点ー延岡学園3点」という結果になった。甲子園球場の外野席で真剣な応援に力が入った。











e0258493_21172928.jpg球児のがんばりで、「前橋」が一躍全国に名をとどろかせた。ご苦労様、ありがとう!!














e0258493_2122454.jpg















e0258493_21243067.jpg















e0258493_21254151.jpg
前橋育英高校ナインが深紅の優勝旗を先頭に、喜びをかみ締めて甲子園球場を1周する。
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-28 21:29

8/20 市長のタウンミーティングが上川淵公民館で開かれた

 上川淵公民館で20日、上川淵・下川淵両地区の参加で、市長が主催するタウンミーティングが開かれましe0258493_16232020.jpgた。市長をはじめ市の幹部職員が参加者に前橋市の総合計画などを説明し意見を求めました。
会場から活発な意見が出され、実現に向けていくと市長から発言がありました。中道浪子議員も参加しました。
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-28 21:04

8/25 生活保護費の減額問題を考える集い

            これ以上、何を削って生活すればいいのか!

 日本共産党前橋地区委員会と県議・市議団は25日、「生活保護費の減額問題を考える集い」を前橋総合福祉会館で開催し、35人が参加しました。

 市議団の長谷川議員が司会進行。最初に、酒井宏明県議が日本共産党の政策と群馬県の現状について、中道浪子議員が前橋市の現状について報告しました。

e0258493_2050718.jpg 続いて、仲道宗弘司法書士から生活保護費の減額の不当性と不服審査請求の全国的なたたかいの意義と手続きについて報告がありました。 
 
 参加者からは、「共産党のおかげで受給できた。この8月で760円減額。もち代や灯油代も下がる」「年金の不足分を受給しているが、夫婦で2000円下がった。何を削って生活するのか」「ケースワーカーの対応がひ
どい」「親身に相談に乗ってくれるケースワーカーにして欲しい」など、怒りの告発が次々に出されました。

 最後に、仲道司法書士は「憲法25条にもとづき、健康で文化的な生活を保障するもの。全国で1万人の不服審査請求を起そう。弁護士や司法書士が援助する体制をとっています」と呼びかけました。

 市議・県議は「みなさんから出された要望を実現するためにがんばります」と。また、「前橋地区でも『生活と健康を守る会』の準備会を相談していきたい」とまとめました。
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-28 20:51

清涼感いっぱいの滝はいかが?

今年の夏の「袋田の滝」です。水しぶきが飛んできそうでしょう?e0258493_11564874.jpg














那須高原の山々、高原の涼しい風を感じませんか?
e0258493_11582135.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-20 11:59

暑い時には水族館にどーぞ

水族館のくらげ
e0258493_17254936.jpg















e0258493_1727517.jpgすずしさを感じますか?














水族館の魚たち
e0258493_17295238.jpg















e0258493_1731596.jpg元気なくらげちゃん
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-16 17:33

8/16 中道浪子議員は、68回目の終戦記念日(15日)に街頭宣伝に出ました。

 8月15日中道浪子議員は、68回目の終戦記念日に酒井県議と街頭から訴えをしました。
 
 ご近所のみなさん、毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。先の参院選挙は、多くのみなさんからご支援ご協力をいただき、躍進することができました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
さて、本日は68回目の終戦記念日です。この場所をお借りして、みなさんに訴えをさせていただきます。


 みなさん、日本が朝鮮半島や中国を侵略し始め、ついに第2次世界大戦に加わって世界を相手に戦うことになったアジア・太平洋戦争の敗北から、68年になりました。1945年8月15日は、日本の降伏が国民に知らされた日です。
 戦争の悲劇を繰り返さないことが配線を体験した日本国民の決意です。ところが終戦68年の今日、政権に復帰した安倍晋三内閣と自民党は、憲法を改悪し、再び「戦争をする国」になる策動を露骨に進めています。平和の決意を生かしぬき、憲法改悪の策動を阻止していくことが重要です。e0258493_14462896.jpg

 中略

 アジア・太平洋戦争の結果、2,000万人を超すアジアの人々と310万人以上の日本国民が犠牲になり、日本が侵略したアジアと日本の諸都市は廃墟となりました。

 日本が降伏のさい受け入れた「ポツダム宣言」は、日本国民をだまし、世界征服をねらうような過ちを犯させた「権力及び勢力は永久に除去せられざるべからず」と厳しく糾弾しています。

 そうした戦争への反省にもとづき決められたのが「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起きることのないようにする」(前文)ことを決意した憲法です。憲法9条は、戦争放棄を宣言し、戦争のための武力は持たず、戦争は話し合いで解決することを明確にしました。

 中国との戦争に駆り出された全国革新懇代表世話人でもある財界人の品川正治さんは、帰還の船内で9条を読み、「突き上げるような感動に震えた」と回顧しています。

 安倍内閣がすすめる憲法改悪は、自衛隊を「国防軍」という名の軍隊にかえ、日本の「自衛」とは関係ない戦争でも参加できるようにするものです。まさに、日本を再び海外で「戦争する国」にかえる内容です。
 中略
 国際社会がこぞって批判した侵略戦争のあやまりを認めず、紛争は話し合いで解決しようという世界の常識さえ守ろうとしない首相には、政治を担う資格がないといわなければなりません。

 安倍政権は参院選後、衆参で議席の多数を握ることになったのを背景に、歴代内閣でさえ認めなかった「集団的自衛権」の行使や改憲そのものの企てを加速しています。日本を「戦争する国」に引き戻させるかどうかの正念場です。

 戦後の憲法に戦争放棄を明記させたのも、国際社会の圧力とともに日本国民の戦いがあったからです。

 日本共産党は、弾圧に屈せず侵略戦争反対を主張しました。再び「戦争する国」を許さないため、力を尽くすことが重要です。(8/15日付けしんぶん赤旗「主張」より)
 これからもみなさんと力を合わせて、平和な社会をめざして全力でがんばりますのでよろしくお願いいたします。と中道議員は、酒井県議と街頭から訴えました。

 
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-16 14:39

日本共産党前橋市議団は、暑い中、7/24・25・26日行政視察に

 市議団4人は、福岡市・広島市・大阪市の国保行政、生活保護行政、教育問題、美術館施策などの先進行政を学びました。e0258493_1910256.jpg
     
国保料の引き上げを抑えるために一般会計から法定外繰り入れを51億5千万円      
                                                      福岡市の国保行政

 福岡市は、人口1,428,960人の政令指定都市です。国保世帯数は224,373世帯、国保被保険者数は364,651人で全人口の四分の一にあたります。国保財政予算は、前橋の全予算額に匹敵する1,471億4900万円になります。

 1人当たりの平均保険料は、2006年の額を基準にして、政策的に保険料を据え置くために一般会計から繰り入れをしています。国保加入者一人当たり平均保険料は95,716円となっています。
申請減免制度は、経済が下降状況の中で、条例に基づき前年所得3割減から対象になり、2011年度では12,431件、金額で1,018,720千円となっています。

 全国一厳しい取立てを実行している自治体として有名になっていますが、福岡市は、2011年度の差し押さえ件数は2005件、金額で8億2572万円となっています。担当者から「最低6円を差し押さえ、前年度は60円を差し押さえたが、費用対効果を考えればどうかと思う」と指摘を含むコメントをしていました。同市でも、厳しい取立てをしていることがかいま見られました。

 同市では、滞納世帯への初期対応として、民間のコールセンターに委託して納付確認などを電話で呼びかけて滞納の解消に努力しています。

       医療費の窓口一部負担減免で安心医療を実施  広島市国保行政

 広島市の人口は1,166753人で、国保世帯は170,900世帯、被保険者数は284,991人です。一人当たりの平均保険料は75,998円です。

 同市の特長は、国保被保険者のうち災害、事業の休廃止、失業等により生活が著しく困難になったものなどを対象に、入院及び外来にかかる一部負担金の免除又は減額を行なっています(昭和40年代制度開始)。
減免範囲として①減額は、平均実収月額が生活保護基準額の110%以上130%以下の世帯で、②免除は、平均実収月額が生活保護基準額の110%未満の世帯が対象となります。この制度の適用期間は、減免申請または初診の日から3ヶ月間を限定としています(ただし、再申請を妨げない)。

 もう1つの特徴は、資格証明書の発行が2012年度9世帯、2011年度5世帯と極端に少ないことです。前橋市のように機械的に資格証を発行せず、同市の担当者は「(滞納)世帯のことをよく確認してから発行はしよう」と意思統一していると話しています。滞納世帯への対応は、同市本庁の組織である特別対策班(5人)と区役所が連携して滞納額100万円以上の高額滞納者に対する滞納整理を積極的に実施していると話していました。

 新規滞納者への自主納付の呼びかけを外部委託しているコールセンターが任されおり、督促状送付後滞納額が5万円に達するまでおおむね1ヶ月間に電話で呼びかけています。滞納額が新たに5万円以上となった者に対して集中的に納付折衝を行い滞納整理の早期着手を実施していますが、今年から10万円以上に変更して緩和しました。国保加入世帯への配慮がきめ細かに行届いていると思いました。

          法定減免以外に市独自3割減免で国保料の減額輪実施   大阪市

 大阪市の国保加入世帯は、486,467世帯、被保険者数は807,019人です。被保険者数は、大阪府全体の3割を占めるほど加入者が多く、一般会計から429億円の繰り入れを行なっており、その内法廷外繰り入れは164億4100万円で、国保料の軽減策に対応しています。
 
 同市の一人当たりの国保料の平均額は、97,734円、世帯平均の保険料は323,073円で、全国政令指定都市の世帯平均額は286,155円ですから、政令指定都市平均額より同市の世帯平均額は37,000円も高いのが現状です。

 同市の優れている点は、法定減免制度の2割、4割、7割減免の他に市独自で3割減免を実施しており、加入世帯に周知し、国保料の軽減策に寄与しています。滞納者への差し押さえは、丁寧な対応をした後、予告するとともに、滞納解消に協力しない世帯に対して行なっています。


 

 
[PR]

by nnakamiti | 2013-08-02 09:15