緑の中の鮮やかな色「まんし゛ゅさゃげ」

あぜ道に咲いていた「まんじゅしゃげ」e0258493_2114164.jpg














e0258493_21164995.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2013-09-25 21:16

子宮頸がん予防ワクチン接種の今日的現状

 前橋市は、2010年10月から中学1年生女子に市費で全額助成を開始し、翌11年から国の補助事業を受け中学1年生女子、高校1年生女子に全額助成を行いました。昨年度は、中学1年生から一部高校2年生ま

でを対象に子宮頸がん予防ワクチン接種を無料で行い4699人が接種しています。

 しかし最近、接種したことで副反応が出ていることから、積極的にお勧めしていません。   厚労省は「接種後の効果とリスクをよく判断した上で受けましょう」とよびかけています。
 
       子宮頸がんは、乳がんに次いで、若い女性に2番目に多いがん
 
 子宮頸がんは、女性の子宮入り口部分(子宮頸部)にできる「がん」で、若い女性(20から39歳)がかかる「がん」の中では乳がんに次いで多く、女性の100人に1人が生涯のいずれかの時点で、子宮頸がんにかか

るといわれています。年間9000人近くの人が子宮頸がんにかかり、2700人もの人が亡くなっていると報告されています。

      子宮頸がんの約半分は、ワクチン接種によって予防できることが期待されている

 ワクチンには、ヒトパピローマウイルス(HPV)の成分が含まれているため、接種することで免疫を作ることができ、HPVの感染を防ぐことができます。子宮頸がん予防ワクチン接種は法律にもとづいて実施されていますが、受けるかどうかは、接種することで得られるメリットとリスクを理解した上で判断すべきです。

  子宮頸がん予防ワクチンは世界保健機関(WHO)が接種を奨励し、多くの先進国では公的接種としている

 子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん全体の50から70%の原因とされる2種類(16型・18型)のヒトパピローマウイルス(HPV)に予防効果があります。16型HPVと18型HPVの感染やがんになる過程の異常(

異形成)を90%以上予防できたとの報告があり、これに引き続いておこる子宮頸がんの予防効果が期待されています。

           接種によるリスクでもある副反応は一定の頻度で起こる 

 ワクチン接種後の主な副反応としては、発熱や接種した部位の痛み・腫れ、注射の痛み・恐怖・興奮などをきっかけとした失神があります。

                   まれに、重い副反応もある

 副反応については、接種との因果関係を問わず、報告を集め、定期的に専門家が分析・評価しています。現在、因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度などは調査中です。

        ワクチン接種後に体調の変化があった場合には、すぐに医師に相談する
 
 注射針を刺した直後から、強い痛みや痺れなどが生じた場合は、すぐに申し出てください。また、ワクチン接種後に、注射による痛みなどをきっかけとして失神することもありますので、接種後30分程度は、イスに座る

などして様子を見るようにしてください。予防接種当日は、激しい運動や入浴は避け、接種部位を清潔に保ち、体調管理をしっ狩行なってください。
[PR]

by nnakamiti | 2013-09-09 23:25

9/8(日) 第24回前橋母親大会開かれる

 前橋母親大会が8日、南橘公民館で開かれました。午前は二つの分科会が開かれ中道浪子議員は「前橋をもっと住みよい街に」に参加し、会場のみなさんと意見交流しました。
 
 午後はホールで「原発事故から2年半 みんなで作る子どもたちの未来」と題して、東洋大学食環境科学部の高橋珠実さん(写真下)の講演で学びあいました。

 午後のオープニングは、新婦人前橋支部のピースコーラスのみなさんが美しい声で合唱(写真下)しました。
[PR]

by nnakamiti | 2013-09-09 23:17

前橋日赤建設予定区域を日赤病院々長が示す

       日赤病院が朝倉町に移転する場所を院長が示す

 去る、8月12日付けで前橋赤十字病院・宮崎瑞穂院長から、地権者・建設準備委員あてに「測量及び地質調査等の各種調査の実施」についてのお願いの文書が届きましたので紹介します。 
 
、現在本計画の実現に向けて具体的な事務作業に着手しているところですが、本作業をすすめるにあたり、測量や地質調査など各種調査を行う必要があります。つきましては、各種調査のため建設予定区域及び周

辺にわたり調査をさせていただく場合がありますので、予めご承知おきくださいますようお願い申し上げます。  
○作業期間 平成25年8月中旬から平成26年3月末頃まで。  末尾略
[PR]

by nnakamiti | 2013-09-02 19:50

9/2 「消費税増税ノー」共産党全県いっせい宣伝デーに参加

 e0258493_19293913.jpg本日9月2 日は、「消費税増税ノー」全県一斉宣伝デーで、中道浪子議員は、酒井宏明県議、店橋せつ子党国会議員群馬事務所長と街頭から宣伝行動に参加しました。















e0258493_19312764.jpg安倍、自民・公明政権は、予定通り消費税増税を実施するかどうかを10月上旬までに判断するとして、「有識者60人に是非を聞く}会合を開きました。そのメンバーの圧倒的多数は、増税推進派です。国民は、どの世論調査でも「予定通り増税テすべきと答えた人は20% 程度で、「今、増税すべきではない」と答えた人が多数派です。国民のみなさんと消費税増税ノーを広げストップさせるために全力でがんばります。ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
[PR]

by nnakamiti | 2013-09-02 19:38