1/18 「子ども子育て支援新制度」を学ぶ

                群馬県保育問題視連絡会が学習会開く

 e0258493_11512022.jpg群馬県保育問題連絡会(会長・平石美奈)は18日、日本福祉大学の中村強士先生を講師に地方版「子ども子育て会議の意義と役割」と題して、高崎おひさま倉賀野保育園で講演会を開きました。中村先生は「2015

年4月から実施される子ども子育て支援新制度のポイント、子ども子育て会議の概要、会議の本来任務、会議の任意任務など」について話されました。保育園関係者、保護者など30人余りが参加しました。中道浪子

議員も参加し、交流会に加わりました。
既に、各自治体では「子ども子育て会議」を設けて、2015年から就学前と就学後の子ども子育ての5年間の

事業計画(保育所・幼稚園・学童クラブなどの設置計画)を立てる準備が始まっており、かなり重要な仕事となります。

 中村先生は、愛知県東海市の子ども子育て会議の会長との紹介がありました。参加者にはみどり市、渋川市、館林市、富岡市、邑楽町などの子ども子育て会議の公募に応募して会議の委員になっている方や保育

園事業者として委員に加わっている方などが参加しており、既に開かれた会議の内容を報告し合い、今後の重要性を交流しあいました。

 中道議員は「この制度は提案されてからころころと変化してきたので、新しい法律の説明を当局から求めて、出発点を同じくしてから、前橋市の制度はどうあるべきかを検討し、子ども子育ての現状にあった制度に、

あるいは足りない制度は充実を求めて、よりよい計画を策定させたい」と話しています。
[PR]

by nnakamiti | 2014-01-20 19:19

1/19 中道なみ子「新春のつどい」大盛況に

          100人が集い日本共産党の前進を!来年4月の県議選勝利を!

 e0258493_1915383.jpg日本共産党中道なみ子後援会は19日、協立病院生協ホールで「新春のつどい」を開きました。オープニングは、吉原さんと中島さんのお琴の演奏。司会進行役は、川村さん。最初に、後援会を代表して村岡さんから

ごあいさつがあり、続いて酒井宏明県議会議員(写真左)、中道なみ子市議会議員(写真右下)からあいさつがありました。 続いて、日本共産党衆議院議員塩川てつやさん、参議院議員大門みきし・紙智子さんからのメ

ッセージを岸さんが紹介。乾杯の音頭は金谷さんで懇親。余興の最初は「さくら会」のだんべいおどり(写真下)、続いて、新井さん、井野さん、棚橋さんなどのカラオケでにぎやかに。続いて、各後援会のテーブルごと

に一言発言や合唱を披露。「沖縄を返せ」「ふるさと」「青い山脈」「ぼけない小唄」などで意思統一。みんなで合唱は、中沢さんの歌唱指導で東北・福島の被災地を思いながら「花は咲く」を歌い上げました。 

抽選会では、後援会の方々からカンパしていただいた豪華景品をくじ引きで決めて、大いに盛り上がりました。最後に実行委員会から富所さんが閉会のあいさつを行い、お帰りにはからくじなしの抽選で漏れなく景品

が当たりました。会場入り口では後援会の有志が畑から取ってきた白菜などを格安で提供してくださり、中道事務所維持カンパにと申し出てくれました。また、後援会員さんから果物の差し入れ、漬物のカンパなどして

いただき、ありがとうございました。参加者全員で、来年の県議選は酒井宏明県議の再選を誓い合いました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-01-20 19:15

1/9 初市の日 寒風突いて街頭宣伝 前橋駅前にて

1/9 冷え込んだ寒い日に、前橋駅北口にて、初市にお出かけの市民に安倍暴走内閣の悪政を訴える中道議員。e0258493_1251280.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2014-01-17 12:51

1/10 中道議員が25回目原発昼デモに参加

           再稼働やめて「原発ゼロへ」

 e0258493_12452476.jpg前橋市内で10日、原発からの撤退を求める今年最初の昼デモが行われ、約80人が参加しました。県労会議、群商連、民医連、農民連、新婦人の5団体が主催。

出発前の集会で、主催団体を代表して県労会議の真砂貞夫議長があいさつし、「平和を語りながら戦争準備を、安全を口にしながら原発再稼動を着々と進めている」と安倍政権を批判。「2014年は正念場の年になる。
仲間を広げてはねのけていく契機にしたい」と訴えました。

 日本共産党の酒井宏明県議が県議会での論戦や被災地支援の活動を報告し「継続的に運動を盛り上げていきたい」と決意を語りました。

 デモ行進では、冷たい風が時折吹きつける中、「原発はいらない」「電気は足りてる」などと参加者はコールしながら、県庁前通りでアピールしました。

 福島出身の男性を誘って毎回参加しているという高齢の女性は、おそろいの鳴り物で調子をとりながら「エネルギー基本計画はひどいね。粘り強く運動をやるしかないね」と話しました。

 日本共産党の中道浪子、小林久子市議も参加しました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-01-17 12:46

1/11 相馬原でのオスプレイ配備やめよ!日米共同訓練やめよ!学習会

 日本共産党群馬県委員会は11日、2月下旬から3月中旬に相馬原演習場でオスプレイの参加が見込まれe0258493_1238750.jpgている日米共同訓練に反対する緊急学習決起集会を勤労福祉センター(野中町)で開き、百数十人の参加者が詰めかけ、決意を固めあいました。
 
                 塩川てつや衆院議員が講演

 塩川哲也衆院議員(党国会議員団オスプレイ配備反対闘争本部事務局長)が、「『国家安保戦略』と群馬の基地、オスプレイ」と題して講演しました。

 塩川氏は、秘密保護法の強行に続いて安倍政権がめざす「海外で戦争する国づくり」に向け、閣議決定された「国家安全保障戦略」、新「防衛大綱」、新「中期防衛力整備計画」の特徴や、群馬の自衛隊12旅団)の改 
編について説明しました。12旅団がオスプレイの配備先となる可能性は否定できない」と指摘し、〝沖縄の負担軽減〟という政府の説明は詭弁(きべん)で「沖縄でやっていない新たな訓練の拡大であり、許されない」と強調しました。

 また、群馬県上空での米軍戦闘機の横暴な訓練に対して、住民運動や議会論戦によって騒音測定器が設置されたことを紹介し、自治体ぐるみの運動や住民の監視行動を呼びかけました。

                 会場から質問など相次ぐ

 会場からは「どう運動をすすめていくのか」「監視行動を強めたい」など質問や発言が相次ぎました。
日本共産党の柳田キミ子榛東村議と県平委員会の関口敏明事務局長が決意表明しました。
 
 伊藤祐司、酒井宏明両県議をはじめ、中道浪子議員ら多数の党市町村議が参加しました。
 
 中道浪子議員は「前橋市議会では『相馬原演習場での日米共同演習とオスプレイの参加を許さない意見書』を提出し、他会派の賛同も得て国にあげていきたい」と述べています。
[PR]

by nnakamiti | 2014-01-17 12:38

広瀬・山王地域にデマンド交通の運行を求めて市長に要請する12/24

        山本市長に「低料金でドアーツードアー方式」を要請する

広瀬・山王・西善町地域にデマンド交通を求める実行委員会(村岡邦三実行委員長)は、「病院にいくのにバスの本数が少なくて(昼間は2時間に一本で)大変不便。食料品スーパーが撤退して買い物にも行けない。マイ

カーがなければ暮らせない状況は全市的に広がっているが、特に高齢化率が高い広瀬・山王・西善町は、交通弱者にとって『陸の孤島』になりかけている。是非、署名のご協力を」と呼びかけています。

すでに、大胡・宮城・粕川・富士見地域の旧4町村では、停留所式・片道200円でデマンド交通が運行されているが、昨年、市は「市内全域を運行するための社会実験を富士見地域で実施し、タクシーへの助成制度の

ように初乗り一人500円を助成し、後は目的地までメーターどおりの乗車金額を支払う」というデマンド交通とは言えない制度を提案しました。

12月24日、村岡実行委員長は会の12人と「広瀬・山王・西善地域に旧4町村で実施しているデマンド交通で、しかも、ドアーツウドアー方式を一日も早く実施してほしい」と要請し、第1次分365筆の署名を提出しました。

細野副市長と関谷政策部長は「富士見で実証実験し、その後1~2ヵ所増やして実証実験し、状況を見て市内全域に広げたい。市長にも伝えると述べました。

 中道浪子議員も同席し「次回の実証実験は、広瀬・山王地域で行なってほしい。住民の要望するデマンド交通にして欲しい」と要請しました。

 日本共産党市議団は、12月議会でも取上げ、質問しました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-01-07 09:31

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 天候的には、静かなお正月を迎えましたが、社会情勢は、大荒れで、自民・公明の暴走は一気に加速し、国民の願いとは大きく乖離し、今年は国民のみなさんと力をあわせて、消費税増税中止、機密保護法撤回、原発ゼロ、TPP参加阻止などがんばらなければなりません。お力ぞいをよろしくお願いいたします。
[PR]

by nnakamiti | 2014-01-06 09:44