2/28 前橋市農業者用の災害見舞金についてお知らせします。

前橋市の 「農業者用の災害見舞金について」新たな内容が決りましたのでお知らせします。

被災した農業者等に対して災害見舞金を交付します。

2/14~2/15の大雪被災に伴い、被災した農業者等に対する災害見舞金を交付します(被災状況が分かる写真が複数枚必要になります。)。
(1)交付対象者
   市内に住民登録がある農業者及び農業法人

(2)交付対象
   農産物生産用施設(園芸用ハウス、蚕室、畜舎等)
   農業用管理施設(農業用物置、機械格納庫、堆肥舎等)  
                                            
   ※2/14~2/15の大雪で合計10万円以上の施設損壊の被害を受けた場合

(3)交付金額
   一律5万円(保険補填されたとしても支給します)
   ※交付は1世帯1回のみ

(4) 受付期間
   平成26年2月25日(火)~平成26年5月30日(金)

(5)申請書類配布及び提出場所
   市庁舎7階(農林課)
   大胡支所、宮城支所、粕川支所、富士見支所
   JA前橋市アグリサポートセンター(営農部)、JA前橋市各支所
   
(6)申請等に必要なもの
   前橋市農業用施設災害見舞金交付申請書兼請求書(見舞金申請書)1部
   被害状況説明書(被害状況がわかる写真を添付)1部(※罹災証明書を発行した場合は不要です。)
   通帳のコピー 1部(支店名、口座番号、口座名義人がわかるもの)

※また、以下の支援についても準備を進めています。

(1)災害を受けた施設の後片付けの支援
   ・被災施設の後片付けの支援 ※3月開始予定
   ・撤去廃棄物の処理 ※受入側の準備が整い次第実施

(2)再建に向けた支援
   ・利子補給等 ※関係機関との調整が済み次第実施

 ○更なる支援内容については、詳細が決まり次第、あらためてご案内いたします。

上記事業(見舞金)のお問い合わせ先
 農政部 農林課 農業政策係
 電話:027-898-6702(直通)
【受付時間】 平日(月~金)午前8:30~午後5:15(※土日・祝祭日除く)
関連書類PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。
「1」見舞金申請書(記載例)(ワード形式43キロバイト)
「1」見舞金申請書(ワード形式47キロバイト)
「2」被害状況説明書(記入例と申請書)(ワード形式44キロバイト)
「3」災害見舞金Q&A(ワード形式22キロバイト)
「1」見舞金申請書(記載例)(PDF形式41キロバイト)
「1」見舞金申請書(PDF形式114キロバイト)
「2」被害状況説明書(記入例と申請書)(PDF形式186キロバイト)
「3」災害見舞金Q&A(PDF形式128キロバイト)
お問い合わせ先

農林課 
電話:027-898-6702 ファクス:027-223-8527 Eメール:nousei@city.maebashi.gunma.jp 〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-28 09:38

2/25 大雪被害でトマト、花卉、チンゲンサイなどの農家が県に直接要請行動

 日本共産党群馬県委員会と党県議団は2月25日、県の農政部に対して、大雪による農業被害への対応策として、被害補償と今後の農業の継続の対応策について要望しました。県庁議会棟の3階会議室で要請を行いました。e0258493_2120843.jpg

 高崎からニンジン、白菜、玉ねぎ、生乳を営んでいる方、肉製品の製造や卸し、養豚を営んでいる業者、安中で原木によるシイタケ栽培をしている方、高崎でハウスでとまと栽培をされている方、ブロッコリーやチンゲ

ンサイをハウスで栽培している方、ガラスハウスでとまとを栽培している方、ハウスで鉢花作りをされている方、コンバインを2台入れておく格納庫が解体されてしまった方、10万ポットの花卉をハウスで栽培されてい

る方、雪が解けて麦畑がプールのようになってしまい麦の育ちが心配と言う方、吉井町できゅうりのハウス栽培をしている方、安中でハウスによる苗の栽培をされている方、北橘できゅうりとほうれん草を栽培している

方、伊勢崎でニラを栽培している方、前橋で水稲をやっているが納屋が倒壊した方など直接の農業者など20e0258493_21443244.jpg名と県委員長、県議団、市議団などが同席しました。参加者からは、「パイプハウスの倒壊で、苗や花卉、ト

マトやイチゴ、きゅうりなどが冷気でだめになってしまう」。「30代の若い夫婦が脱サラで農業を継いで、農作物が売り物にならない内にこの被害。大きな借金がそっくり残り、これから立ち直すのに新たな借り入れが必

要。二重ローンだ」「何とか支援して欲しい」と訴えました。また、ガラスハウスでトマトを栽培している方は「ガラスハウスが倒壊して、ガラスの破片がハウス中散らばり、土に刺さった。トマトの葉や実にガラスが刺さった

のも手で取り除き手間がかかり危険な思いで作業している」と訴えました。ハウス豚舎が倒壊した方は、「親豚の出産をひかえていても、ハウスないが雪解け水でプールのようになっていて出産する場所がない」「国だの県だのと言ってないで早く対応して欲しい」と訴えました。e0258493_16104447.jpg
 
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-26 21:14

2/25 前橋市議会各派代表者会議で議長提案の降雪災害対策の意見書を提出する提案がありました。

 降雪の被害も甚大です。前橋市議会は、県の議長会からの提案で、「記録的な大雪に伴う被害対策に関する意見書」を超党派で国に提出する提案がありました。
意見書前文省略  
                 記
 1、激甚災害の早期指定を行なうこと。
2、除排雪・雪害対策などに係る特別交付税の決定時期及び算定方法の特例措置を講ずること。
 3、補助制度、融資制度の創設または拡充等の各種財政的支援を行なうこと。
 4、国道、県道等の除雪体制を整備すること。   以上の項目で提出予定です。
 
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-25 10:39

「前橋市災害復旧支援補助金」のお知らせ

        「前橋市災害復旧支援補助金」   【産業政策課】e0258493_16211729.jpg

 前橋市では、大雪被災により工場や店舗、事務所、倉庫などの事業用資産の再建、補修・修繕等にかかる経費の一部を補助します。
1、支給対象者
  市内に事業所を有し、事業実施している事業所が平成26年2月の大雪により損壊を受けた事業者
2、支給対象事業
  事業所要資産(工場、店舗、事務所、倉庫など)等の再建、補修、修繕で前橋市内の業者による施工のも  のに限る。
3、支給金額
      修繕費等の金額    →     補助上限額及び補助率
      (保険補填分は除く)        
     
       20万円以上              200万円で2分の1
                             

       20万円未満              補助なし
4、所要見込額(概算)
  平成26年度: 1億円(平成25年度3月補正対応)
5、申請書類
  ・交付申請書
  ・事業者用の罹災証明書(産業政策課で発行)
  ・被害状況説明書
  ・被害状況が確認できる写真
  ・再建、補修・修繕等にかかった領収書
  ・再建、補修・修繕等の終了が確認できる写真
6、受付期間
  平成26年3月頃~6月30日まで
7、受付場所
  市庁舎(産業政策課)、前橋プラザ元気21(にぎわい商業課)、大胡支所、宮城支所、粕川支所、富士見支  所、前橋商工会議所、前橋頭部商工会、富士見商工会
  ※その他、前橋中商店街振興組合、前橋周辺商  店街連絡協議会でもとりまとめます。
●今後の支援
  ・被災した事業者が事業再建に向け必要となる資金調達を円滑にするため、各種制度有志について利子   補給等の支援を検討


         「前橋市事業者用災害見舞金」         【農林課】e0258493_16533443.jpg
 
 前橋市では、大雪により被災した事業者に対する災害見舞金の支給を行います。
1、支給対象者
  市内に事業所を有し、事業実施している事業所が平成26年2月の大雪により、損壊を受けた事業者。
2、支給対象事業
  支給対象者が所有し、使用している事業用施設(工場、店舗、事務所、倉庫など)が大雪で10万円以上の  被害を受けた場合。
   ※10万円未満の事業は対象外です。
   ※一つの事業所に属する複数の事業用施設が被災した場合は、全体を合算した費用とします(1事業所     1回のみ支給)。
3、支給金額
  一律5万円
4、所要見込額
  平成26年度: 5,000万円(平成25年度3月補正予算)
5、申請書類
   ・交付申請書(被害状況、口座振替先を記入、口座番号・名義人がわかる通帳のコピーを添付)

   ・被害状況が確認できる写真
6、受付開始
  平成26年2月25日(火)(予定)
7、受付場所
  市庁舎(産業政策課)、前橋プラザ元気21(にぎわい商業課)、大胡支所、宮城支所、粕川支所、富士見支  所、前橋商工会議所、前橋頭部商工会、富士見商工会 
  ※その他、前橋中商店街振興組合、前橋周辺商  店街連絡協議会でもとりまとめます。

          「大雪災害を受けた農業者への前橋市の経営再建支援」  【農林課】e0258493_16563416.jpg

1、災害見舞金の支援
  ①対象者     園芸施設、畜産施設、農業用設備等に損壊を受けた農業者。
  ②見舞金     一律5万円を支給
  ③所要見込額  1億円
  ④受付開始    2月25日(火)予定
              ※受付場所は、農林課、JA前橋市(本所・各支所)
2、災害を受けた施設の後片付けの支援
 (1)被災施設の後片付けについて支援金を支給
  ①対象       施設園芸   パイプハウス、鉄骨エコノミーハウス、ガラスハウス
              畜産関係 牛舎、豚舎、鶏舎、その他
  ②支援金の内容 現在詳細について検討中
  ③所要見込額   2億円
  ④受付開始    3月予定
 (2)撤去廃棄物の処理
  ①パイプ等の金属  農業者において処分(売却含む)をお願いする。
  ②ビニール等     リサイクル処分 経費については、市とJAで負担。
  ③所要見込額     1千万円     ※通常は生産者、市、JAで等分負担。
  ④野菜の処分=清掃工場への持込により、一般廃棄物として処分。※通常は産業廃棄物として有料
  ⑤実施時期       受け入れ側の準備が整い次第実施する。
3、再建に向けた支援
  ①対象者     経営・設備再建型資金融資を受けた農業者
  ②支援内容    利子補給等行なう
  ③所要見込額  5千万円
  ④実施時期    関係機関との調整が済み次第実施する 
                                               以上
  
       
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-21 12:51

2/19 いちごハウスやとまとハウスの倒壊、住宅やカーポーの損壊などお見舞い申し上げます

 前橋市は、「前橋市大雪被災住宅復旧支援金・見舞金」を実施することを決めました。共産党市議団は市民から寄せられた大雪の被害をまとめて市長に要請し、まず、市は「支援金・見舞金」の実施を2/19 に発表しました。
 トマトやいちごハウスの倒壊は、既にJAが実態把握のために農家を訪問しています。前橋市も、どのように支援したらよいか検討中です。山本市長は「この災害で農業を辞めてしまわないように、農業を継続していただくように支援したい」と述べています。       ハウスで育ったいちごです。e0258493_182474.jpg
 
 2/19に発表した「復旧支援・見舞金」の内容をお知らせします。
           「前橋市大雪被災住宅復旧支援金・見舞金」
1、大雪被災住宅復旧支援金
 (1)支給対象者
   市内に住宅を所有し、居住している住宅が平成26年2月の大雪により損壊した方
 (2)対象工事
   居宅の屋根(雨どい、テラス、ベランダ等)などの工事で前橋市内の業者による施工のものに限る。但し    物置等の工作物は除く。
 (3)支援金の額
   工事費の30%を助成(上限20万円)
 (4)申請方法
   ●罹災証明書
   ●大雪被災住宅旧支援金交付申請書
   ●工事費用の領収書
   ●工事完成の状況を確認できる写真

2、大雪被災見舞金
 (1)支給対象者及び対象物件
   市内に住宅を所有し、居住している住宅に付随する車庫あるいはカーポートが平成26年2月の大雪によ   り損壊した方。但し物置などの工作物は除く。
 (2)見舞金の額
   2万円
 (3)申請方法
   ●罹災証明書
   ●大雪被災住宅復旧見舞金交付申請書    
                                       以上
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-20 17:56

2/17 気象台始まって以来118年、前橋市も豪雪に襲われる

  日本共産党前橋市議団は、2月17日、豪雪による被害対策及び市民生活の安全・安心確保のための緊急要望を市長に提出し、総務部長と危機管理室長が対応しました。
 以下、要請のないようです。

1、情報の把握と提供
①道路の除雪状況や交通渋滞の状況、人的被害や住宅等の被害状況、バスやタクシーなどの公共交通の運行状況、ガソリンや灯油の販売状況、商業施設における食料等の販売状況等を把握し、市民に速やかに提供する。自治会長や民生委員等に速やかに情報提供する。

②ただちに市の防災無線を活用する。e0258493_16545936.jpg

2、道路等の除雪











e0258493_19215017.jpg
 19~20日にも降雪が予想されている。早期に除雪しなければ、更なる被害の発生が懸念される。
①国道・高速道路・県道の早期除雪を関係機関に強く求めて欲しい。

②市道の除雪を急ぐ。 
●広瀬団地・芳賀団地・南橘団地など高齢者が多く居住している公営住宅の除雪を急いで欲しい。
●旧勢多郡地域や芳賀地域などの生活道路となっている坂道の除雪を急いで欲しい。
●通学路の除雪e0258493_19241058.jpg

③自衛隊への除雪のための派遣要請をして欲しい。
④個人所有の家屋や車庫などの積雪による倒壊事故を防ぐための対策。

⑤公民館・市民サービスセンターおよび保育所・学校の除雪による安全の確保。

3、要援護者の安否確認と支援策
①人工透析患者の安否確認。
②一人暮らし高齢者や障害者の安否確認。燃料や食料の確保・提供。

③救急医療体制の確保。
④訪問介護や通所介護の利用者の支援

⑤要支援者の安否確認と除雪支援

4、農業被害対策
e0258493_1341055.jpg















e0258493_1352353.jpg
①農作物等の損傷やキュウリやイチゴなどビニールハウスの損傷などの被害実態の早期把握と損害補償支援。
②生乳の廃棄等、畜産農家の被害の補償。

5、災害対策基本法の激甚災害の指定及び災害救助法の適用
県との連携をして早期の指定・適用決定を。

6、今後の積雪に対応する対策。
①危機管理体制の確保~積雪当初からの体制維持
②道路の除雪の体制確保(建設業者及び除雪可能な機材保有者への要請)

③軌道交通途絶等による帰宅困難者への臨時宿泊施設の確保と提供(市役所・公民館等の臨時開放と炊き出し支援)
                                    以上
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-17 16:50

2/5~7日 行政視察(那覇市・宜野湾市・糸満市)

          市民に開かれた市議会施設・那覇市e0258493_14482631.jpg

 前橋市の議会棟は、雨漏りなどの老朽化がひどく、耐震補強が必要な古い建物です。かつて、建て替え計画が浮上しましたが、経済状況もあって断ち切れになっていました。しかし、3・11後、再び建替えの必要性 

が出されているため、今回の行政視察の1つに那覇市の議会施設を選びました。地上12階地下2階の那覇市庁舎は、4階に市議会施設があり、市民に開かれた議会施設をめざしています。議場はスロープ式で、椅

子は円形型の配置、傍聴席は議員の目線と同目線で傍聴でき、大型モニター2台から質問・答弁のやりとりが大きく映し出され、どの席でもよく傍聴できます。親子傍聴が可能なガラス張りの傍聴室、車いす用傍聴スペース、磁気ループを備えたバリアフリー化の施設です。百聞は一見にしかず。

          議会基本条例を制定・那覇市e0258493_14494027.jpg

 那覇市議会は「議員から見た議会」と「市民から見た議会」に分けて、議会自ら現状分析し「議会は与野党対立で議会全体の合意形成がうまくできていない。市民の多様な意見を反映できていないのでは?」、また、

「市民は議会に関心が低い。議会が何をしているかわからないなど」の結果、「開かれた議会、市民参加型の議会、市民にわかりやすい議会など」を実現するために「議会基本条例の制定」とともに、議会改革を進めるこ

とを確認した。条例制定に向けて様々な重要課題を積み重ねたことが報告され、条例は、議会は言論の府であることを認識し・・、議会は議員の信頼性を高めるため、継続的な議会改革に取組む・・などが盛り込まれ、

形だけでなく真に議員間の自由な討論で合意形成ができれば市民にも開かれたすばらしい議会となるでしょう。大いに期待したい。本市でも参考に。

             e0258493_1452116.jpg 那覇市療育センター・那覇市

 国際障害者年の記念事業として1982年に開設し、市内在住の就学前の児童(障がいのある児童、発達の気になる児童及び保護者)を対象とした相談・訓練事業及び療育事業を実施しています。子どもの発達を地

域社会で支援する視点から子どもと保護者を支援する市立の施設(写真下)です。
施設のスタッフは、社会福祉士、臨床心理士、理学療法士、言語聴覚士、保育士、保健師、事務職員、用務

員の総勢24人。相談の受付児童は年間261人で、2歳児の67人が最も多く、相談内容は行動上の問題が94人で最も多く、言葉の遅れが81人で、とても大事な仕事をしています。当施設の課題は、施設が古く手狭

となっており、園庭がある施設に移転建替えが必要。対象児童の拡大が求められていると思いました。前橋では、今年度から「発達支援センター」として開設したところで、経験を積み上げてきた事業内容を学ぶことができました。

前橋市は、県庁所在地にもかかわらず「博物館がない」全国でもまれな自治体となっています。前橋市民の暮らし、経済、養蚕など農業に関する生活様式、前橋空襲など子どもたちに伝えていくための学習の場としての博物館が必要。


          宜野湾市立博物館・宜野湾市

e0258493_15203016.jpg宜野湾市立博物館は、文化遺産の保存とその活用を通して、市民の郷土学習に供することを目的に2000年に開館しました。学校との連携を推進して児童生徒の地域学習の場を提供し博物館を起点に地域と学校と

を結ぶ架け橋となる運営を進めています。市中心部に普天間基地有り。学芸員から普天間基地についても説明を受け、沖縄が戦場になって逃げ惑う中で、終戦をむかえた。戦争が終結して地元に戻ってきたら、米軍の

基地として、自分の家も畑も取上げられてしまったそうです。戦争から命からがら帰ってきたのに米軍の基地と化していた。なんて、ひどいことでしょう。e0258493_1522395.jpg

 博物館内に大きく広げられた宜野湾市全体のジオラマ模型では、沖縄戦の後、アメリカ軍によって市民の家と土地が強制的に奪われてと、市の中心部に米軍普天間飛行場が建設されて、69年たった今もそのままになっていると説明を受けました。

 今も、小学校や保育園や民家の上を米軍機が飛行し、李発着を繰り返している背間で最も危険な飛行場であり、宜野湾市としても早期返還を県や米軍に要求しているそうです。展示品の多くは、市民からの寄贈で企画展ではしないの自治会の協力を得ています。

 博物館では、住民ニーズに応えるために各種証明書の交付窓口にもなっており、選挙の際には投票所としても活用されています。市民が日常足を運んでくれる博物館運営に心がけています。


                沖縄県立資料館e0258493_15451677.jpg
 糸満市の平和祈念公園のなかにある沖縄県立資料館で県の職員から説明を受け館内を案内していただきました。沖縄県は、6月23日を「慰霊の日」と定め、恒久平和を願い、沖縄全戦没者追悼式を開催し、平和推進事業の柱としています。2階の常設展示室は「沖縄戦への道」「鉄の暴風」「地獄の戦場」「証言」「太平洋の要石」の5角展示室に分かれ、第二次世界大戦下の沖縄の悲惨な記録の数々、アメリカ占領下、たくましく生き抜いた沖縄の人々の生活史などが展示されています。
 特に、沖縄戦の展示には力をいれており、20数万人の犠牲者を出し、犠牲者の数は軍人より一般人が上回り、追い詰められて自殺した方、飢えに苦しみ・マラリアに苦しみ、そのまま亡くなった方、日本軍の巻き添えになって殺されたかたなど、戦争の残酷さと平和の尊さを民衆の視点から訴えると言う趣旨で、さまざまな資料を展示していました。

 1階には子供対象の展示室があり、利用は無料。資料館のすぐ脇には、戦争犠牲者を追悼する「平和の礎」と各県の石礼費が設置されて今はした。
e0258493_15465727.jpg

















嘉手納基地e0258493_1550545.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-14 09:34

2/1 市立図書館富士見分館がオープン

 e0258493_16132478.jpg

















e0258493_16143283.jpg前橋市は2月1日、富士見市所敷地内に鉄骨平屋建て803㎡、約38千冊の図書館分館を建設オープンしました。
 教育福祉常任委員会の議員が招待され中道浪子議員も参加しました。同議員は「書棚が低く、館内全体が見渡せて、床のじゅうたんが畳を思わせるグリーン色で落ち着いた雰囲気。富士見の活動の拠点となるよう利活用してほしい」と語る。
e0258493_16172155.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-02 16:17

1/29 市議団が「アーツ前橋」住友館長と懇談

            「アーツ前橋開館から1か月 e0258493_1634214.jpg

 日本共産党前橋市議団は29日、「アーツ前橋」の開館から1か月を経て、この間の状況や今後の運営などについて住友文彦館長らと懇談をしました。

 「アーツ前橋」は、元気プラザ21の北側、旧ウォーク館を改装した美術館です。前市長が手がけ、今の市長に引き継がれたもので、様々な問題を抱えながらも、昨年の12月に開館の運びとなり、これまでに2万6千人が来館しています。
 
 館長は、来館者から寄せられた意見として、「市街地の立地に関心が示されている。開館記念として、記念セールもあって、街と一体感がある」「旧建物の利活用という点で評価がある」さらに、「県立美術館や他の美 
術館は展示作品が欧米中心となっているが、本館は、収蔵作品に地元画家の作品(20世紀)が多いことから、地域の美術を取り上げ、歴史的な文脈があることも評価されている」と語り、「地域の美術として発信していきたい」と述べました。

e0258493_1653757.jpg 今後については「おしゃべりアート・ツアー」を引き続き開催し、子どもたちや高校生、大学生などの入場も視野に入れて作品と触れていただきたい」「今後、定期的に美術館に足を運んでくれる人をつくっていく必要があ
る」「第二弾のシンポジウム開催」「絵画と彫刻の2人展開催」などの予定が述べられました。

 今後の課題としては、教育委員会と美術館との交流の必要性、入館料800円に対する高齢者割り引き、マスコミを通してのピーアールなどの必要性が語られました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-02 16:05

1/30 「ガーデン前橋」への場外車券売場開設反対の請願署名681筆を市長に提出

               681筆の反対署名は重い

 「ガーデン前橋」への場外車券売場開設に反対する市民の会(井野保彦代表)は30日、「開設に反対する請願署名」681筆(昨年末から約1か月間余りで)を市長に提出しました。反対署名は、地元みずき野団地に住む住民の声が大きく反映しているもので、「地元合意が大前提」とする経済産業省の意見にもとずいても、重く受け止めるべきものです。e0258493_15564045.jpg
「反対する市民の会」は、10人が出席し「地元の反対の声を大事にして欲しい。地元自治会長は地元住民の声を反映していない」「経済産業省は地元合意が大前提といっている。今進めているのは真実が反映されていない」と訴えました。
日本共産党市議団は、中道浪子・長谷川薫・近藤好枝議員が同席しました。
 当局から現在の状況が話され、「正式な申請には至っていない。事前審査をしたので、近々には申請されるだろう」「経済産業省は市議団などのブログなどを見ていると思う」「地元の声ではなく、自治会として受け止めている」「反対の声を聞いているので、そういう対応でやっている」と述べました。参加者からはさらに「地元説明会に自治会長が出席しているが、会の個人の意見を吸い上げて表明するようになっていない。自治会が同意すればよいというのはいかがか」「住民の反対意見は重いもの。説明会を一度だけで済ませて住民の同意とするのは間違いではないか」「伊勢崎オートの影響は子どもたちの通学にも悪影響を及ぼした。住みよい前橋。子育てできる前橋をつくってほしい」などたくさんの意見が出されました。対応した細野副市長は「みなさんの声は市長に伝えます」と述べました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-02-02 15:56