7/21 「ストップ!戦争する国づくり」「たたかいはこれから」

                  共同センターが学習会

 集団団的自衛権行使容認の「閣議決定」を撤回させようと憲法改悪反対群馬県共同センターは21日、前橋市で「ストップ!戦争する国づくり」学習のつどいを開きました。元自衛官ら初参加者がめだち、用意した資料
もなくなる約300人が参加しました。
 
 運営委員会団体を代表して群馬革新懇の島津良夫氏が報告と提案を行い、「『たたかいはこれから』、『草の根の世論と運動』がキーワードだ」と訴えました。

 「秘密保護法の廃止を求める高崎市民の会」の小笠原真明事務局長は、高崎で毎週続ける宣伝行動と青年の変化などを報告しました。
 
 日本共産党の仁比聡平参院議員が講演し、安倍政権に真正面から立ち向かう共産党国会議員の論戦などを紹介し、「連帯の輪を広げ、草の根からの国民の運動がことを決することを示していこう。戦争する国づくりをはばむたたかいに立ち上がろう」と訴えました。e0258493_10282951.jpg
 
 会場からは、元自衛官の男性が「安倍政権は徴兵制を狙っているのではないか」、男子学生も「企業に片棒をかつがせ、武器製造や輸出の危険があるのではないか」と質問し、仁比氏が答えました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-25 10:28

7/22 広瀬団地県営住宅K棟にエレベーターが設置される

 群馬県県土整備部建築住宅課は、広瀬団地(広瀬町2丁目)K棟の大規模改修工事に着手し、来年1月中旬には完了をめざしています。e0258493_1557516.jpg

 改修内容は、建物の北側に横ローカを取り付け、ローカの両サイドに新たな階段とローカの中央にエレベーター1基を設置。また、1階は障害者用の車いす住戸、2階・3階は和洋2部屋で高齢者住戸に、4階・5階は、

階段付き2戸1世帯用住宅に大規模な改修を計画しています。
また、同建築住宅課は、広瀬団地(広瀬町3丁目)G棟の住民の移転を進めていますが、G棟の改修工事につ
いては、K棟終了後の計画になると話しています。

 中道議員は「G棟にもエレベーター設置を要望して、高齢者も子育て世帯も安心して暮らせる住みよい県営住宅にしていきたい」と話しています。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-24 15:45

7/16 「赤旗日曜版」が日本ジャーナリスト会議賞を受賞

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は16日、優れたジャーナリズム活動を表彰する今年度の「JCJ賞」受賞作を発表しました。
 
e0258493_1604384.jpg 「しんぶん赤旗」日曜版編集部の「『ブラック企業』を社会問題化させた一連の追及キャンペーン報道」がJCJ賞に選ばれました。

 「赤旗」の受賞理由は「(ブラック企業追及は)当初は『しんぶん赤旗日曜版』の独自報道だった。だが、次第に社会問題化するにつれ、一般紙も追随し、政治や行政を動かした。多くのスクープや連載などの長期にわ

たるキャンペーンで『ユニクロ』『ワタミ』などと、具体的な企業名をあげ、過酷な労働実態を追及し続けた『しんぶん赤旗』の報道姿勢は特筆に値する」というものです。
 
 JCJ大賞は東京新聞の「憲法、安保、原発の『論点不明報道』」が受賞。他のJCJ賞には、TBSテレビ「報道特集」の「特定秘密保護法・集団的自衛権などの一連の報道」、日本テレビNNNドキュメント13の「チェルノブ

イリから福島へ」、相川祐里奈氏の『避難弱者-あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?』(東洋経済新報社)が選ばれました。特別賞は、むのたけじ氏(ジャーナリスト)となりました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-24 15:43

7/15 亡国の政治と決別し、未来に責任を負う新しい政治を!

             日本共産党が創立92周年記念講演を開く

 e0258493_1625346.jpg日本共産党は7月15日、東京日本青年館で党創立92周年記念講演会を開き志位和夫委員長が講演しました。全国各地でリアルタイム視聴会を開き、前橋地区では、野中町の県福祉センターで122人が参加しまし

た。会場では、志位委員長の講演の要所要所で共感の拍手が起き、安倍内閣打倒が呼びかけられると一段と大きな拍手に包まれました。

 志位和夫委員長は、「安倍内閣が発足して1年半がたちました。ここへ来てその正体がはっきり見えてきしました。この政権は、国会での多数を背景に、あらゆる分野で暴走しています。しかし、この暴走は、どれも彼

らなりの先の見通しを持ってやっているわけではありません。どれもが日本の未来、国民の未来に責任を負わない、『後は野となれ山となれ』のやみくもな暴走にほかなりません。一言でいえば、日本の国を亡ぼし、日

本国民を亡ぼす『亡国の政治』――これこそが安倍政権の正体ではないでしょうか。

 党創立92周年の記念すべきこの日にあたって、日本共産党は、この『亡国の政治』と正面から対決し、どの分野でも日本の未来、国民の未来に責任を負う新しい政治への展望を指し示して、国民とともにたたかい抜く

決意」を表明し、▼集団的自衛権――『海外で戦争する国』づくりを許さない▼暮らし破壊の『逆立ち』経済を大本からただそう▼原発再稼動を許さず『原発ゼロの日本』への道を開こう▼米軍新基地建設ストップ基地の

ない平和な沖縄を▼安倍政権打倒の国民的大運動をよびかける▼未来に責任を負う党――日本共産党を強く大きく」と、多くのみなさんへの入党を心から呼びかけました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-24 15:39

7/12 高崎競馬場跡地へのコンベンション施設はゼロから検討を

     コンベンション施設建設より学校給食費の無料化を!!   

 高崎競馬場跡地へのコンベンション建設を考える会は12日、高崎の市総合福祉センターで県民集会を開きe0258493_1653516.jpgました。「コンベンション施設の建設そのものをゼロから検討すべき」として、県の考えを聞く説明会と学識経

験者と市民団体代表らによるシンポジウムを実施。約160人が参加しました。県の説明会は、コンベンション推進課長が行い、「県全体の発展のために活用したい」と参加者に理解を求めた。説明が終わると課長は
早々に帰りましたが、残って参加者の話を聞いてほしいとの要望も出されました。

 パネリストは西野寿章高経大教授、福島富新潟自治体研究所副理事長、宮下正次森林の会代表らがそれぞれの立場から発言しました。コンベンション建設はやめる方向に意見が集中した。
 
 中道議員も参加して、「計画はやめて学校給食費の無料化を実施してほしい」とアンケートに書いて提出しました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-24 15:30

7/10・11日 原水爆禁止世界大会に向けて平和大行進が前橋に

   原水爆禁止平和大行進が高崎・渋川から前橋に入り、翌日伊勢崎に送り出す

 原水禁平和行進が群馬入りして、10日は高崎コース(写真)と渋川コースを前橋市役所前で受け入れ、出e0258493_168252.jpg迎え集会を行いました。行進団は翌11日、前橋から伊勢崎市役所に向けて朝9時に出発(写真左下)しました。出発式で紹介を受けた酒井県議と市議団(写真)













e0258493_1683745.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-24 15:26

7/6 酒井宏明県議と中道浪子市議が「つどい」で訴える

 
       戦争する国づくりに県議会は加担するな!
              国の「介護保険サービスとりあげ」は許さない!

 共産党南部支部後援会は6日、新しい六供公民館で「集い」を開き30余人が参加しました。「日本共産党を強く大きく」のDVDを見ていただき、酒井県議と中道市議が議会の状況と情勢の問題、入党の呼びかけ・しんぶん赤旗のご購読を訴えました。
 
酒井県議は「『憲法改正の早期実現を求める意見書』の反対討論に立ち、わが国が戦後自国民の命も他国民の命も奪うことがなかったことは、世界に誇るべき日本国憲法の力だと強調。集団的自衛権の行使容認に

向けた動きを『憲法破壊のクーデターだ』と批判し、安倍政権の進める『戦争する国づくり』に県議会が加担することは認められないとして、意見書の採択に断固反対し撤回求めた」と報告しました。
 
e0258493_16113592.jpg 中道市議は「国の介護保険制度の改悪で、要支援1・2の高齢者からディサービスやヘルパー派遣を介護サービスからはずことや、特養ホーム入所者の対象を要介護3以上に限定し、入所者の食事代や部屋代の負

担を引き上げることなど高齢者いじめは許せない」と批判するとともに、「国の制度改悪が実施されれば、介護度の重度化が進みかねない。前橋市の介護支援の取り組みが一層求められる。力を合わせてがんばります」と述べました。デマンド交通や学校給食費の無料化についても報告しました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-24 15:19

7/1 安倍・自公政権が集団的自衛権の行使を容認するかまえ断固反対を街頭から訴える

 本日安倍首相は、憲法を解釈改憲して、集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定で推し進めようとしe0258493_227357.jpgています。公明党も閣議決定で自衛隊を海外で戦争できるようにしようとしています。自衛隊員の家族は、息子たちが戦争に行くことを望んでいません。本人たちも戦争に行くことを決意して自衛隊に入隊したのではありのません。日本は平和憲法ができて60年間、一人の外国人も殺したりしていません。日本人も一人として殺されていません。これは、憲法9条があるからです。憲法9条をノーベル賞に]という動きがあります。ノーベル賞をいただいたら誰が賞をもらいに行くのでしょうか。と言われた方がいます。本当に誰が行くのでしょうか。7/1日、本日前橋本町の交差点に立って、酒井弘明県議と前橋市議団が街頭から、集団的自衛権の行使を容認するなと訴えました。
[PR]

by nnakamiti | 2014-07-01 21:57