8月21・22日 生活保護問題議員研修に参加し、神戸の長田町によってきた

     震災から20年。神戸で生活保護問題を考える

行きはJR神戸駅で下車して会場の「神戸市産業振興センター」に向った。2日目の会場は地下鉄駒ヶ林駅に近い「地域人材支援センター」で小学校を改修した建物でした。終了後JR新長田駅で乗車するため、長田町の町を見てから乗車して岐路に帰る
写真は長田町を元気にする「鉄人28号」のモニュメントe0258493_2244569.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2015-08-25 22:06

前橋全市域でまんど相乗りタクシーが来年1月23日から運行

 前橋市は20日の市議会総務常任委員会で、バスや電車の利用が難しい高齢者など交通弱者を対象にしたデマンド相乗りタクシー(愛称はマイタク)を来年1月23日から市内全域で運行することを明らかにしました。(写真は昨年8月、広瀬山のうデマンド交通を走らせる会が副市長に要請)e0258493_21442053.jpg  

 利用できる対象は75歳以上の高齢者や障害者などで、事前に登録が必要です。
利用する場合の乗車料金は一人で乗車する場合、千円を上限に半額を市が助成し、2人以上で相乗り

する場合は、一人1回500円を市が助成します。ただし、利用は一人1日2回、年間120回(往復60回)の限定利用です。

 中道浪子議員は、総務常任委員会で「この間社会実験を重ねてきて、市は利用しやすいように改善を行ってきた。  

 しかし、高齢者がもっと利用しやすく、わかりやすいものにすべきで、これまでに何度も低額で固定料金にすべきと改善を求めてきましたが、その点は一行に改善していない。片道300円とか、5

00円で利用できるようにすべき。ともかく市民が首を長くして運行を待ち望んでいるので、実施してからでも希望に応じた料金体制に改善する考えはあるのか」と質問。当局は「考えはある」。また、

「年間の運行予算は約3千万円」と答えました。
中道議員は「常時運行している市内タクシーを利用するだけで、市は他の経費がかからないので、予

算を増やして、利用できる回数を増やし、低額で固定料金を今後も求めていきたい」と話しています。
[PR]

by nnakamiti | 2015-08-25 21:45