6月議会質問 「マイタク」の改善策と福祉施策としての連携

6月議会総括質問の二つ目の質問はマイタクと公共交通の充実についてです。

2、次は、マイタクと公共交通の充実についてです。e0258493_13402542.jpg
 
①まず、マイタクの問題点と改善策ですが、前橋市全市域デマンド化研究会は、5月24日に第10回研究会議を開き1月23日の運行開始ら、3月31日までの69日間の利用実績を示しました。それによれば、3月31日

時点の登録者数は10,972人で、その内本庁管内の登録者が3,624人、33%でダントツ多く、利用者も本庁管内が1,523人でトップです。

 本庁館内はマイタクを利用すれば通院も買い物もしやすいので大変便利ですが、一方、郊外での利用が少ないのは、長距離乗らなければ、通院や買い物などの目的が果たせず、結局料金が高くなるからです。郊外でも町の中でも同じように利用できるよう低額の固定料金にすべきです。
 
 また、マイタク運行は、18時までと制限がありますが、夕方以降、友人と食事に出かけたり、生涯学習等の習い事やコンサートなどに出かけたりする場合、帰宅時もマイタクが利用できるよう、運行時間を限定しない

でほしい。利用回数は年間120回平均すると週1往復と限定しないで利用できるようにしてほしいと利用者から声が上がっています。できるところから改善策を検討し、便利に利用できるようにすべきだと思いますがいかがでしょうか。

②高齢者も多様化で、元気な方もいれば、通院されている方もおります。元気な方が少しでも長く元気でいられることも大事で、多様化に見合う運行をする必要があると思います。この間私たち市議団は、先進地視察

をしました。人口規模や都市の成り立ちなどは若干違いますが、便利な乗り物を市民に提供しようという目的はどこでも同じです。長野県安曇野市のデマンド交通「あづみん」の乗車料金は、中学生以上が300円、障害

者は200円。岡山県総社市のデマンド交通「雪舟くん」の乗車料金は300円、障害者、要介護、要支援者は200円です。本市のマイタク運行は、交通弱者対策であり、高齢者や障害者などが対象ですから、これまでも

主張してきましたように、福祉施策を強調して低額の固定料金にすることが最も望ましいことがハッキリしてきました。利用回数も利用時間も限定すべきではないと思います。あえていえば、市の予算をどれだけとれるか

なのではないでしょうか。私は、およそ非現実的なLRT導入の研究をするより、市民が熱烈に求めているマイタクの運行を使いやすい便利なものにしていくことの方が重要だと思っています。そのためにもっと予算を増

額して市民ニーズに応えたマイタクの運行にすべきではないかと思いますので、当局のお考えをお聞かせください。

(2)続いて、福祉施策への連携についてです。
①今実施しているマイタクの運行は、高齢者や障害者など移動困難者が対象です。マイタクの運行に伴って、市内の介護タクシー事業者の仕事がめっきりなくなって、事業の継続が危ぶまれていると伺っています。

ハイヤー協会との協力を得て、市内にある介護タクシー事業者の参入も検討する必要があると思いますがいかがでしょうか。

②市の福祉や介護の関係所管やハイヤー協会などとよく協議して、介護タクシーの参入ができるように検討すべきことを述べておきます。今、マイタクの場合は、タクシー会社に電話するだけですが、安曇野市の「あづ

みん」の運行のように、電話を受けるオペレーションセンターが設置されており、配置されているオペレーターの7人が高齢者や障害者への見守りの役割を果たしています。今日も元気に電話がかかってきたとか。今日

は病院に行く日なのに電話がかかってこないなどと気づかいをしています。本市では、マイタクを利用する対象者が高齢者、障害者などの移動困難者であることから、安曇野市のように一括して電話を受けるオペレー

ションセンターを設置し、福祉や介護に気を配れるオペレーターを配置するとともに、タクシーの運転者への介護研修などが行えれば、交通弱者対策とともに福祉施策としても大いに期待できるマイタクになると思いますが、見解をお聞かせください。

●安曇野市では、全面的に市の社会福祉協議会へ委託していますが、オペレーションセンターでオペレーターが14台の乗り合いタクシーの運行を回しています。利用者から電話がかかってくると、オペレーターは親切に

やさしく応対しています。運転手は、車から降りて高齢者の手を引いて乗車を手伝っています。本市のマイタク運行も「あづみん」のような福祉施策の方向性を持ったものになるよう検討されることを求めておきます。

(3)次は、交通不便地域への対策についてです。
①5月24日に開かれた全市域デマンド化研究会では、中間報告として、移動困難者対策や公共交通不便地域の解消など公共交通による移動手段を喫緊に確保することを基本方針に、公共交通不便地域については

既存の公共交通機関への影響を考慮し、地域限定の戦略も示しています。しかし、喫緊に必要な課題と言いながらも、来年度、交通不便地域のモデル地区を選定し、社会実験を実施し、検証していくという気の長い方

向性をも示しています。現状から見て、富士見地区には「るんるんバス」、旧3町村には「ふるさとバス」を運行していますが、城南地域や芳賀地域などが交通不便地域と設定するとなれば、当然、既存の「るんるんバス」

か「ふるさとバス」の拡大で対応することが適当ではないかと思います。また、富士見地区や旧3町村から離れた木瀬地域や上川淵・下川淵地域などを交通不便地域と設定するとすれば、マイバスの運行や年齢制限

しないマイタク運行で対応することができれば、交通不便地域を解消することができると思いますが、見解をお伺いします。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-29 15:57

6月議会で質問 前橋市の高齢者給食サービスの利用者が激減しているのはなぜ?

1、最初は、高齢者給食サービスの改善と事業の拡充についてです。
 本市では、介護保険事業の改定に伴う新総合事業を2年延期して来年度4月から実施する予定です。高崎市など他の自治体では、新総合事業を開始するにあたり、高齢者の自立に関する施策の充実に取り組んで

います。本市でも急いで様々な施策を組み立てて、高齢者支援の充実に取り組まなければなりません。
 そこで、その施策の1つが高齢者給食サービスです。介護予防の立場で、自立した生活を維持するためには毎日の食生活が基本です。e0258493_13463035.jpg

(1)まず、給食サービスの問題点について伺います。
①本市では平成5年度より、社協と民間業者に委託して1日2食365日の画期的な給食サービス事業がスタートし、高齢者やその家族から期待されていました。4年前の2011年度(H23年度)には給食サービスを利

用していた方が282人でしたが、2015年度末(H27年度)には65歳以上の高齢者が92,520人、1万1千人以上も増えているのに、給食サービスを利用している方が116人と半数以下に激減しているのはどのような理由からなのでしょうか。お伺いします。

②H27年度包括外部監査の結果報告書によれば、「高齢者人口が増加傾向にあるのに反して、延べ食数、e0258493_13522937.jpg利用者数は減少傾向にあるが、原因分析や利用者の満足度調査などは行われていない。介護施設への入

所が増えて在宅介護が減少していることもあるが、給食サービス利用者のニーズをとらえきれないことも考えられる。給食サービスの減少原因を分析すべきであるが、利用者へのアンケート調査はおこなわれていな

い。原因分析を行い、利用者ニーズを把握し高齢化が進む中で、状況の変化に応じた行政サービスの検討が必要」と指摘していますが、この指摘に対して当局はどのように受け止めているのでしょうか。端的にお答えください。

●高齢者人口が急増しているのに、給食サービスを利用する方が激減していることは問題で、監査報告書の指摘のようにその原因や要因をしっかり分析して、改善を図ることを求めておきます。

(2)続いて、制度の改善・拡充についてです。
①本市では、在宅で調理することが困難な高齢者などに対し、栄養面や利用者の身体の状況を考慮した食事を提供することで「食」の自立を支援し、高齢者の健康保持、疾病予防及び孤独死等の防止を図ることを目

的に給食サービスを実施しています。対象は、65歳以上で地域包括支援センターが栄養改善が必要と認める方、地域で見守りが必要とされる方、調理が困難と認める方で、介護保険非該当の自立している方、及び

要支援1と2の方も対象にしているものの、ヘルパーが訪問する日、あるいはデイサービスを利用する日は基本的に給食サービスが利用できず、また、要介護1から5までの介護度が認定されて介護サービスを利用し

ている方は対象にならないのです。限定しすぎて利用しにくくなっているのが現状です。給食サービスの目的が、食の自立を支援し、高齢者の健康保持、病気の予防、見守りであるのなら、要支援1と2の方でヘルパー

やデイサービスを利用する日でも、また、要介護1から5までの介護認定を受けている方にも利用できるようにすべきではないでしょうか。いかがですか。

●そのようなことを言っているからどんどん利用者が激減していくのではないでしょうか。
(要ヘルパーさんの訪問日でも洗濯やお掃除、買い物をしていただきたいときは食事づくりまでできないので給食サービスが利用できるようにしてほしい。デイサービスに行く日でも、夕食は自宅で食べるので給食サービスを利用きるようにしてほしい)

②高崎市では、今年度から高齢者給食サービスを365日3食(朝食は250円、昼と夕食は350円)を実施する事業が始まりましたが、対象者は、介護予防・生活支援サービス事業の対象者、要支援者、要介護者の65

歳以上の高齢者で、地域包括支援センター、または、居宅介護支援事業者の作成する利用者のケアプランに位置付けて実施しています。今年度予算は6,053万円、1000 人を目標にしており、既に900人が希望し

てするそうです。ちなみに本市での今年度予算は956万1千円です。予算の上では約6倍以上の大きな違いになっています。

(高崎市では「待つ福祉から、出向く福祉へ」を合言葉に、スタッフはお年寄りの自宅を訪ねて相談に応じるなど、きめ細かく対応していることが報道されています)

 本市でも、新総合事業を実施するにあたって各種高齢者支援サービスを充実するとともに、特に、高齢者給食サービスについては、今提起してきたように、事業の目的に沿って高齢者やその家族が喜んで利用できる

制度の改善と事業の拡充を進める必要があると思いますので、今後の考え方とその対応について当局の見解を求めます

●今後、新総合事業実施にあたって、高齢者給食サービスへの制度の改善と事業の拡充を求めておきます。

③なお、H27年度包括外部監査の結果報告書のP82からP88では、「H24年度から26年度の介護保険第5期事業計画においては、H26年度における食の自立支援事業の食事提供数を360,827食と見込んでいた

が、大幅に見込みと相違している」と指摘しているので、私はH24年度からH26年度の給食数の実績を調べ、比べてみました。実績は3年間で56,465食となるのに、何と30万食も相違があるのです。360,827食

は間違った数字のようですが、外部監査からの報告を受けた時、このことがチェックできなかったということは、当局の責任も重大で、高齢者給食サービスへの問題意識や取り組みが弱いから、このようなことが起き

るのではないかと思いますが、当局の見解を求めます。

●訂正を求めておきます。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-29 15:51

参院選告示!!群馬選挙区は野党統一候補堀越けいにんへ、比例は日本共産党へ

  安倍自民・公明政権に負けるわけにはいかない!!安倍政権が三分の二以上とれば憲法が変えられてしまう。何としても負けられない!!

        6月22日(水)  12時30分~ 群馬県庁前  野党統一候補・堀越けいにん第一声
        日本共産党梅村さえこ衆院議員が必勝のため駆けつけてくれ、堀越けいにん候補を
        激励しました。本会議中の忙しい昼休みに、中道浪子議員ら市議団も第一声に駆けつけ、
        激励しました。
           
e0258493_18245458.jpg


        6月22日(水)  17時00分~ 前橋駅前    比例代表候補・伊藤たつや第一声
        市議会本会議終了後急いで飛び出て、前橋駅北口まで駆けつけ、伊藤たつや比例候補
        の第一声に参加しました。日本共産党がんばれ!!         
            
e0258493_18332820.jpg
          
        
        6月22日(水)  19時00分~ 堀越けいにん事務所開き
        民進党の事務所開きに初めて参加。堀越けいにん候補は、1日遊説して元気に事務所に
        戻り、19時から事務所開きとなりました。150人ほどの支持者が集まりました。中道浪子
        議員も参加しました。
              
e0258493_18394796.jpg

        6月22日(水)前橋市議会本会議開会中で、中道浪子議員は4時から総括質問に立ち、
        朝から、夜まで頭からゆげが立ちっぱなしでした。22日(水)の告示日は、歴史的にも大
        変忙しい1日でした。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-23 18:43

いよいよ参院選告示となる!!比例は日本共産党へ・群馬選挙区は堀越けいにんへ

 
18日、藤岡市の集会での堀越けいにん野党統一候補の訴え(要旨)を紹介します。
「私は、天台宗の常光寺の副住職をしています。また、4年前、作業療法士として訪問リハビリテーション事業

を立ち上げました。その人がその人らしく生きていけるように、社会保障に壁(問題)はあるけど、作業療法士として活躍しようと思っていました。e0258493_16402548.jpg
 
 しかし、現政権が私の思いとはまったく逆の方向に進もうとしていると感じたのは、昨年の安保関連法の強行採決です。9割の憲法学者が違憲といい、全国で反対の声を上げている国民を無視し、委員長席を取り囲

んでわけのわからないうちに決めてしまった。国権の最高機関の国会で、私たちの不利益なものでも数の力で決まってしまうと恐怖を覚えました。

大企業と大株主を応援する一方で、私たちのくらしは豊かにならずに、格差は広がるばかりです。大企業の内部留保や租税回避地への税金逃れなどを規制し、もうけや利益ん応じた税制システムをつくって私たちの
社会保障に充てれば消費税増税は必要ありません。

 安倍政権は争点を隠そうとしています。アベノミクスにはもれなく改憲がついてきます。自民党改憲草案の中身が国民に知られれば票が逃げると分かっているのです。私たちが争点に押し上げていきましょう。軍備と

社会保障は両立できません。戦争で経済を回すのではなく、安保関連法を廃止して国民の一人ひとりの命を守る国づくりに帰るためにも、絶対に勝ちに行きたい」と訴えました。

 中道議員は「若者の代表、群馬の代表として、ぜひ国会に押し上げたい。歴史的な野党統一候補で実現したい」とのべています。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-22 09:43

6/9 日本共産党参院比例候補伊藤氏と群馬選挙区候補堀越氏 若い二人ががっちり握手

 7月10日投票で行われる参院選挙は目前です。日本共産党比例候補の伊藤たつや氏と群馬選挙区候補の堀越けいにん氏の両氏が6月9日、前橋に入り街頭宣伝で多くの市民に訴えました。e0258493_2024140.jpg

 中道浪子議員ら市議団は、街宣場所を案内し、各所でたくさんの聴衆に参加していただくことができました。六供町のヤオコーでは、45人にもなる聴衆の参加で大いに盛り上がりました。中道議員は「保守大国群馬から若い候補を国会に押し上げよう」と訴えました。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-13 20:02

6/11 共産党山下芳生副委員長が来県し、高崎駅西口で合同街頭演説に1500人

             群馬の勝利で日本は変わるe0258493_19531045.jpg

 参院群馬選挙区の野党統一候補・堀越けいにん氏と日本共産党の山下芳生副委員長、民進党、社民党の代表がそろい踏みした11日夕方、高崎駅西口で行った「PEACE&LIFEアクション」。会場の高崎駅前デッキは「安倍政権NO!」などと書いたプラカードを掲げた1500人の聴衆で、ぎっしりと埋まりました。

 堀越候補は、国民多数の反対の声を無視して戦争法を強行した安倍政権に対し「私たちの生活に不利益なことでも、決まってしまうことに、非常に強い恐怖を覚えた」と批判。群馬で勝ち抜く候補者として思いを語り、政策を熱く語りました。

 中野晃一上智大学教授が、ぐんまの市民運動と野党共闘、候補者の決意に敬意を表し、山口県の統一候補纐纈(こうけつ)さんと群馬の堀越さんは、地に足を付けた候補者という点で、そのスピリッツが共通してい

ると激励。同氏は、訴えのあと壇上で「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」として、堀越候補と、安保法制廃止、立憲主義回復、個人の尊厳を擁護する政治の実現をうたった協定書を取り交わしまし

た。民進党の宮崎衆院議員、社民党の小林県連代表、日本共産党の山下副委員長がスピーチをしました。山下副委員長は「野党共闘が市民の世論と運動の後押しで実現し、戦いの中で発展していること。全国32

の1人区で統一候補が決まったことなどリアルに語り、堀越けいにんの勝利で自民党の首相を何人も出してきた群馬から日本を変えよう」と呼びかけました。e0258493_19551684.jpg

 白石市民連合へいわの風の共同代表が「野党と野党の接着剤の役割から、市民と選挙の接着剤になる」と決意を熱く語りました。

 県内各地からの参加者は、候補者の訴えや山下副委員長の訴えなどに、掛け声でこたえるなど、一体感のある「決起の場」となりました。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-13 19:56

6/6付け 「あかるいまち」より 大規模火力発電所建設計画を白紙撤回に! 

           「赤城山の自然と環境を守る会」の代表が市長に建設白紙撤回の署名を追加提出

 東京電力の下請け企業である関電工(東京都)が前橋市苗ヶ島町(旧宮城村内)に建設を計画している木質バイオマス発電所について、地元住民でつくる「赤城山の自然と環境を守る会」の代表が3日、建設の白紙撤

回を同社などに求めるよう山本市長に要請しました。建設に反対する約6千人の追加署名(すでに提出した署名と合わせると一万人を超える)を提出しました。e0258493_145266.jpg(会長から第一回目の署名を手渡す・受け取るのは前副市長)

 同会は県に対して、建設事業に補助金を交付しないよう住民監査請求をしており、市長との面談後の記者会見で、請求が棄却された場合は住民訴訟を起こす考えも示しました。
「発電所建設」を地元住民に知らせる宣伝行動に取り組む

 同会と前橋市長選挙を戦った「民主市政の会」は4日、地元の旧宮城村の住民を訪問して反対署名のお願いと前橋市が9月議会に提出しようとしている「(仮称)前橋市自然環境等と再生可能エネルギー発電設備設

置事業との調和に関する条例」案の紹介をしながら賛同を求めました。一時間余りの行動でしたが、25人が参加。133件訪問し、138筆の反対署名と市の条例案に対する意見募集に応じてくれた人が28人おりました。e0258493_16291118.jpg

 中道議員は「訪問してみると、意外に発電所建設のことを知らない方もおり、もっと広く宣伝する必要性を感じた。また、なぜ反対なのかの理由をもっと住民に知らせる必要も感じた。さらに、もっと運動を広げなければ」と述べています。e0258493_16304156.jpg

            5月定例の建設水道常任委員会で中道議員が質問

 同議員は5月27日に開かれた同委員会で次のように質問しました。
①市は「(仮称)前橋市自然環境等と再生可能エネルギー発電設備設置事業との調和に関する条例」案のパブリックコメント(意見募集)を5月20日から始めているのに、所管のこの委員会に報告していないのはなぜか。報告を待ってからだと9月議会の条例提出に間に合わないというなら、所管の委員にそれぞれ了解を取るべきだったのではないか。なぜ了解を取らなかったのかと厳しく求めました。
 都市計画課長は「申し訳なかった]と頭を下げました。

②また、市条例制定の概要を市のホームページで掲載しているのだから、本日の委員会に提出すべきだったのではないかとただし、ホームページに掲載されている市条例の概要について文言の加筆や規制をもっと厳しくと意見を述べ、当局に答弁を求めました。
 課長から「よく検討してみる」との答弁がありました。

③同議員は、9月議会に上程しようとしているこの条例案は、現在問題になっている旧宮城村の大規模火力発電の建設計画を適用すべきと求めましたが、課長は「遡及(適用)するつもりはない」と冷たく言い放ちました。
 中道議員は、高崎市が策定した「環境関係条例」を例に出して、観音山に建設しようとしていた大規模な太陽光発電建設を建設途中で事業者を撤退させた。前橋市は企業に大変弱腰だ。市民の立場に立ってしっかり対応すべきと強力に求めました。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-07 13:47