地域要望を県前橋土木事務所に要望する中道議員ら

 
e0258493_15465181.jpg 
 中道なみ子議員ら、日本共産党前橋市議団は21日、市民アンケートによる地域要望に応え、道路の拡幅や通学路の安全など道路にかかわる問題を県前橋土木事務所に要請しました。酒井宏明県議が同行しました。(写真は中道なみ子議員が写す) 
 
[PR]

by nnakamiti | 2016-11-25 12:53

中道浪子議員ら群馬県委員会が切実な住民要望で府省庁交渉

 
 e0258493_19142581.jpg日本共産党群馬県委員会は21日、住民の切実な要求を掲げて9府省庁の担当者と交渉しました。党県議団と各市議団、店橋世津子衆院群馬1区候補、長谷田直之同2区候補、渋沢哲男同3区候補が参加し、塩川
哲也、梅村さえこの両衆院議員が同席しました。

 前橋市では生活実態を無視した強権的な徴税が行われています。この問題で参加者は総務省の担当者に「760円しかない預金口座が差押えられ、残高がゼロになった人が相談に来ている」など納税者の権利がおかされている実態を訴え、是正指導を求めました。

 同省の担当者は「自治体の税徴収を指導したり、徴税の実態を調査したりする権限はない」と回答。参加者からは「昨年は調査するとの回答だった。国の通達に反し、法の精神から逸脱している実態を放置するのか」と怒りの声が上がりました。

 梅村議員は「不当な徴税で命にかかわる悲鳴が上がっている。告発に向き合うべきだ」と指摘しました。
県内の中学校では自衛隊での職場体験が行われています。酒井宏明、伊藤祐司の両県議は防衛相と文

科省の担当者に、生徒が戦車などに触れ、ミサイル撃ち落としのシュミレーションなどを体験している実態を示し「中学生の認識や発達段階から見れば職場体験にはそぐわない」と批判。「職場体験を逸脱した自衛隊への勧誘ではないか」と迫りました。

 防衛相の担当者は「募集を前提とした活動ではないかと言う指摘については、持ち帰り募集担当課と検討したい」とし、文科省の担当者は「体験が一過性のイベント的なものとなっているのであれば問題だ」と回答しました。
[PR]

by nnakamiti | 2016-11-24 19:14

11/7 中道なみ子議員ら2017年度予算要望書を市長に提出

 
 日本共産党前橋地区委員会と前橋市議団の長谷川薫・中道浪子・小林久子・近藤好枝市議は7日、来年e0258493_12465819.jpg度予算編成に関する予算要望書を山本龍市長に手渡し、懇談しました。店橋世津子衆院群馬1区候補、酒井宏明県議が同席しました。
  
 席上、白鳥淳一地区委員長は、安倍自公政権の暴走から市民のくらしを守る防波堤の役割を果たしてほしいと要望しました。長谷・中道・小林・近藤の各市議は、高すぎる国保税の引き下げや行き過ぎた税収納行政

の是正、タクシー運賃の一部を高齢者に助成する「マイタク」運行の改善など住民の切実な要望を伝え、実現を求めました。
 山本市長は、木質火力発電所の建設について会心の姿勢を示す一方、放射能の影響をしっかり監視していく必要があると述べました。
[PR]

by nnakamiti | 2016-11-09 13:13