2/23 前橋市議会初登庁

             新婦人内後援会有志より花束で祝福e0258493_19422130.jpg

 12日投開票で行われた前橋市議選は、23日10時から初登庁となり、議会棟玄関で受け付けが行われました。続いて、本会議場で市長以下当局幹部と初顔合わせが行われ、市長から3月2日から第1回定例市議会が招集されました。
 当日は、新婦人内有志後援会のみなさんが早々と来庁され、共産党市議団の4人の議員に素敵な花束をそれぞれに贈呈してくださり、祝福を受けました。お忙しい中、本当にありがとうございました。
[PR]

by nnakamiti | 2017-02-27 19:42

中道なみ子ら日本共産党市議団4人全員当選果たす

 前橋市議会議員選挙は12日開票され、長谷川かおる候補が2904票を獲得し19位、中道なみ子候補が2826票で21位、小林ひさ子候補が3222票で15位、近藤よしえ候補が2967票で17位で当選し、現職4人が全員当選を果たしました。e0258493_10471936.jpg
 
 当選を果たした中道なみ子ら4人は13日、県庁前に勢ぞろいし(写真下)選挙結果について報告しました。「介護保険の負担軽減と特養ホームの増設、運行が始まったデマンドタクシーを低料金で利用できるよう、公

約実現へ全力を尽くす」「大規模木質火力発電所の建設の動きに関して、運動への圧力も市議選の中でかかった。市民の命と健康を守るため、4人の市議団で引き続き、建設中止の運動に力を尽くす」と公約実現に向けた決意を語りました。
 
 選挙戦は、有力新人が多数立候補し、7人はみ出しの激戦となりました。投票率は43・62%(前回45・54%)でした。
 
 中道なみ子ら4候補は「あまりにもひどい安倍暴走政治と不要不急の公共事業優先で福祉や暮らし、教育が後回しの前橋市政を変えよう」と争点を押し出しました。盛んに広められた「共産党は大丈夫」論や出所不明のビラなどの反響攻撃を跳ね返し、4人全員当選で議案提案権を確保しました。
e0258493_1651157.jpg
[PR]

by nnakamiti | 2017-02-14 18:33