市議団の市内視察と市議会教育福祉常任委員会県外視察

 中道浪子議員と前橋市議団は18日・19日でかねてから希望していた前橋市の「こども発達支援センター」と「前橋ジョブセンター」及び「教育プラザの相談事業」を視察しました。また、市議会教育福祉常任委員会は24日から26日の3日間、大阪府泉大津市の子育て広場「ココフレア」・子育てアプリ事業・「こどもおづみん食堂」、和歌山市の特定健診・ガン検診率向上対策、愛知県刈谷市の夢と学びの科学体験館整備事業を視察しました。
                    市議団で市内視察
【前橋市子ども発達支援センター】
 市内朝日町3―36―17の前橋市保健センターと併設されている「前橋市こども発達支援センター」は、子どもの発達や子育ての不安・心配などについて、何でも気軽に相談に乗っています。 

スタッフには、臨床心理士、言語聴覚士、作業療法士、教員、保育士、保健婦が常駐しており、子どもに合ったかかわり方を一緒に考えています。e0258493_9332245.jpg

 また、相談内容に応じて関係機関の情報提供を行い、親子の遊び教室や運動発達教室などを紹介しています。
 昨年度の相談件数は男1097人、女545人。内容別相談では、発達全般が1102人、言葉が190人、運動発達(体の機能)が84人、行動上81人、育児不安69人などとなっている。

【まえばしジョブセンター】
 「ジョブセンターまえばし」は、旧前橋市勤労青少年ホーム(市内大渡町2―3―15)の1階スペースを改修し、就業相談窓口や企業検索コーナーを設置しました。   

 2016年8月に群馬県労働局と締結した雇用対策協定に伴い、若者や子育て女性のための総合的就職支援事業を一体的に行っています。

 これにより、就職に向けてのキャリアカウンセリング、就職支援セミナー、企業とのマッチングなど職業紹介から就職後の定着支援までを総合的に支援し、就職率の上昇、定着・定住の促進を目的とする事業が進められている。

 子育て中の方も相談しやすいように、キッズルームが設置されており、子どもをあずけて安心して相談ができます。

 また、同施設内にファミリーサポートセンターが併設され便利になりました。

【前橋総合教育プラザ】
 当館は、教育行政の充実を図るために1997年7月に開館しました。6階建てで1階から吹き抜けのつくりの建物で所在地は市内岩神町3の1の1。第3コミュニティーセンターが併設されています。1階は教育資料

室や館長室・証明交付窓口、2階は視聴覚ライブラリーや会議室、3回は教育資料館や展示室、4階は特別支援教室や幼児教育センター及び相談室、5階は教員研究室や収蔵庫、6階は教育研修センターなどとなっています。

 4階の相談室では、昨年度510件の相談があり、メールでの相談もあり。相談員は5人で校長OB・OGが3人、警察OGが2人で担当しています。25歳までの青年を対象に相談に乗っています。

               市議会教育福祉常任委員会で県外視察
 泉大津市の子育て広場「ココフレア」とは、「ここから子育て支援を広げていく」という意味で市民公募により名付けたそうです(写真左)。私鉄駅の高架下を活用した事業で、電車を利用した他市からの利用者も呼び込んでいます。

 和歌山市の検診事業は、前年度検診を受けなかった市民には毎年受診するよう「はがき」で紹介するとともに、前年度検診を受けているが、12月過ぎても受診がない場合は、再度「はがき」で紹介して、受診率の向上に努めている。電話でも受診を促している。

 刈谷市の科学館は、中央公民館をリニューアルし、理科の先生が子どもの年齢に合わせて実験を取り入れ、ものづくり刈谷市を根づかせている。
[PR]

# by nnakamiti | 2017-06-06 09:27

5月22日 日本共産党県民会館大ホールで演説会開く

    市田忠義副委員長が参加者に入党の呼びかけとしんぶん赤旗の購読を訴える!

日本共産党群馬県委員会は21日、ベイシアホール(県民会館大ホール)で大演説会を開きました。1300人が参加し、熱気溢れた集会になりました。
 e0258493_11522214.jpg開会前に、大沢あや子さんのピアノコンサートで癒されました。小菅党県委員長のあいさつ。吉村党後援会長の訴え。大川久美子平和の風共同代表の激励あいさつ。
衆院1区予定候補の店橋せつ子氏は、オスプレイの飛行訓練は許さない。ともにガンバロウと訴える。2区の長谷田直行氏は、過去の治安維持法で群馬の同志も拷問で虐殺された。共謀罪は絶対に廃案にさせようと呼びかけた。3区の渋沢哲男氏は、安倍1強の政治をやめさせよう。野党共闘で頑張ろうと訴えた。4区の萩原貞夫氏は、短歌で情勢を訴え笑いを誘った。「リスペクト、こっそり孫の辞書を借り」「オスプレイ来るなというが、一目見たいと」「なれるなら、僕もなりたい、腹心の友」「夜明け前、安倍政権の悪あがき」。5区の伊藤たつや氏は、6月の東京都議選を勝利して、引き続き総選挙で頑張ろうと呼びかけた。
 梅村さえ子衆院議員は、群馬のみなさんのおかげで国会に送っていただいた。共産党の国会議員が増えて議案提案権を得た。総選挙でさらに増やして、安倍政権退陣をと訴えた。e0258493_1203668.jpg
 市田忠義副委員長は、共謀罪はテロとは全く無関係。こんな法律戦争準備罪だ。安倍政治の特徴は、暴走政治で、車にはブレーキがなく、ハンドルは右しか切れない。また、暴走に加えて、倫理がない。
 いま世界は大きく変わりつつある。核兵器廃絶の世論は115の国が賛成。核兵器を保持している大国は、廃絶を迫られている。最後に、市田副委員長は、入党と赤旗購読を呼びかけました
[PR]

# by nnakamiti | 2017-06-05 12:00

5月3日 憲法記念日集会に1900人

                  高崎音楽センターで渡辺氏が講演

 憲法記念日の3日、第33回憲法記念日集会が開かれ、渡辺治一橋大学名誉教授の講演(写真左)と普天間かおりコンサートに1900人が集いました。e0258493_11403585.jpg

 渡辺氏は「安倍首相が改憲を急いでいる。しかし、70年もの間3度もの改憲の危機を阻止してきた国民の運動があった。憲法を守ってきたのは国民の共同の力。これからの課題は、改憲ではなく、憲法の生きる社会をつくろう」と呼びかけました。会場いっぱいの参加者も大感激し拍手が鳴りやまないほどでした。

 中道議員も参加し「勇気をもらった講演だった」と話していました。
[PR]

# by nnakamiti | 2017-06-05 11:40

3/13 中道浪子3月議会総括質問「就学援助制度の拡充」

                     子育て支援策の充実
                  
 中道浪子議員は「国は、新年度予算案で生活保護世帯の『新入学児童生徒学用品費』つまり、『新入学準備金』の補助単価を小学校は2万470円を4万6百円に、中学校は2万3550円を4万7400円にそれぞれ
約2倍に引き上げた。e0258493_1573531.jpg  

 本市でも、国からの通達の関係で、まだはっきり示せないようだが、今回の単価改定も準用保護(就学援助)世帯に適用すべきだと思うが当局の見解を」と質問。

 また「太田市では、すでに小学校の入学準備金を4万円に、中学校は5万円に増額している。本市では、補正を組んでからと先送りですが、ぜひ、引き上げを求める」と質問。

 続いて「準用保護(就学援助制度)における『新入学準備金』支給の前倒しについて、本市では、通常6月頃に『新入学準備金』を支給するため、入学時に必要なランドセルや制服など購入するのにお金を借りて対応
する家庭もある。制服が買えなくて入学式を欠席する子もいると聞いている。

 太田市では、2月・3月に支給を前倒しして入学時に間に合うように対応している。すでに全国88の自治体が入学前に支給を変更し対応している。新年度4月入学の子どもから始めるところも24か所あり、合計112
の自治体に広がっている。本市でも、『入学準備金』を前倒して、家族で心から入学を喜び合えるようにすべき」と質問しました。

 同議員は、子育て支援の充実(学校給食費の完全無料化・こども医療費の高校までの無料化・保育料の第2子無料化・就学援助制度の拡充)の総括質問の最後に市長に対して「こんなに大事な子育て支援策が『前

橋版人口ビジョンに』には示されていない。くらし、福祉、子育て支援を優先してほしい。本議会に新婦人から請願も提出されている。市長は、市民の要望に応えるべき」とただしました。
[PR]

# by nnakamiti | 2017-04-13 15:03

3/17 中道浪子3月議会教育福祉常任委員会質問「中学生の自衛隊への職場体験やめよ」


 同議員は12月議会に続いて再度、中学生の自衛隊への職場体験について委員会で質問。「自衛隊という職業を否定するものでもないし、職業として選択する自由は認めるものだが、職場体験先を選べないでいる

生徒に対して、自衛隊を紹介する学校もあると聞いているが、違憲であるとか合憲であるとか国民の意見が二分する自衛隊への職場体験に中学生を学校長や教育委員会がむしろ奨励するような状況をつくりだしてい

るのは問題。12月議会答弁で、指導担当次長は「どのような事業所であっても学校は職場体験の目的や意義と照らし合わせて、体験内容について事前によく話し合って実施しているものと認識している」と答弁している。

 「そうだとすれば、生徒たちが戦車に乗ったり、近距離ミサイルの操作要領を習ったり、迷彩服を着て戦車の前で記念写真を撮るなど承知しているのか」とただし、「承知しているのに体験をさせているのは大問題だ。し

かし、職場体験の内容を承知していないとすれば承知すべきで、いずれにしても自衛隊への職場体験は大問題である」と厳しくただしました。
[PR]

# by nnakamiti | 2017-04-13 14:57