3/10 総括質問で「学校給食費の完全無料化」を求める

          今の政治では子どもを安心して産み育てられない

 本市の「県都前橋創生プラン」前橋版人口ビジョンによれば、2060年には約22万人まで人口が減少すると見込みながら、子育て支援策の具体策が十分に講じられていない。今の政治のもとでは、安心して子供を

産み、育てられない現状がある。雇用不安や低賃金、過密労働など総合的に改善が求められているが、少なくとも、市民の求めている子育て支援策を具体的に人口ビジョンに盛り込むことが必要なのにそれ自体も欠けている。

         「義務教育は無償」により学校給食費の完全無料化を

 日本の子どもの貧困率は6人に1人で過去最悪、中でも、ひとり親家庭の貧困率は54・6%とOECD加盟国中最下位となっている。子どもの貧困は見えにくいものだが、大きな社会問題となっている。また、憲法第26条で「義務教育はこれを無償とする」と謳われながら、子どもが学校に通うためには多くの費用がかかる。

           県内でも渋川市やみどり市など18市町村が実施

 今、全国の自治体では、大事な子育て支援策として学校給食費の無料化が広がっており、県内でも、この新年度から、渋川市やみどり市が完全無料化の決断をし、一部無料化を含めれば、18市町村が取り組み始

めている。すでに本市の小中同時通学の第3子のみ無料化は、今や後れを取っている。本市でも学校給食費の完全無料化の実施は、子育て支援策の大きな柱となると思われるので当局の見解をうかがう。

            上野村は出生率2・29で手厚い子育て支援策実施

 先の新聞報道によれば、県内で最も出生率が高いのは上野村で、合計出生率2・29。しかも、13年間も維持しているとのこと。それには、上野村自身で学校給食費の完全無料化をはじめ、子ども医療費も高校卒業

まで無料化し、2歳児以上の保育料は月2千円などと様々な手厚い子育て支援策や祝い金制度など、具体的な施策を積み上げてきているからである。  

 渋川市では、完全無料化実施に3億円の予算を組んだことが報告されているが、年間予算の1%に当たる。本市では14億円と試算しているが、年間予算の約1%。渋川市が頑張るのですから、本市が実施できな

いことはない。本市が学校給食費の完全無料化実施の推進役になって、県と市町村で負担を半分づつにできれば、今後の展望が開けるのではないか。今、大事なのは、前橋市が必要な財源を予算化することでいかがか。

             中学生から段階的に実施する方法もある

 当面中学校だけを完全無料化し、続けて小学校をと計画的に実施していく方法もあるがいかがか。

             前橋の完全無料化が県や国を動かす

 県都前橋が完全無料化を決断することは、全県的にも全国的にも大きな影響を及ぼすことになり、子どもの医療費無料化の様に県や国を動かすまでの展望に繋がるものだと提言しました。
[PR]

# by nnakamiti | 2017-03-22 20:53

第1回 定例市議会(3月議会)がはじまりました。

                    改選後の市議会が始まる

 2月の市議選を経て、3月議会が2日から始まり29日まで開かれます。今回の市議会は、選挙で公約した市民要望を取り上げて実現を迫るために頑張る議会になります。共産党4人の市議が手分けして頑張ります。
 中道浪子議員は、総括質問で子育て支援策の充実について取り上げ、学校給食費の完全無料化、子どもの医療費無料化を高校卒業まで拡大、2番目の子どもの保育料の無料化、就学援助制度の拡充について質

問し、総じて24億円超あれば実施できるので、132億円の路面電車計画を中長期計画に延期したのだから実現可能と迫りました。また、担当する教育福祉常任委員会では、高齢者緊急通報電話の設置拡充、特養

ホーム増設と実態調査、国保税の引き下げと保険証の取り上げやめよ、文化財の保管の在り方、中学生の自衛隊への職場体験について質問しました。

          
[PR]

# by nnakamiti | 2017-03-22 20:43

2/23 前橋市議会初登庁

             新婦人内後援会有志より花束で祝福e0258493_19422130.jpg

 12日投開票で行われた前橋市議選は、23日10時から初登庁となり、議会棟玄関で受け付けが行われました。続いて、本会議場で市長以下当局幹部と初顔合わせが行われ、市長から3月2日から第1回定例市議会が招集されました。
 当日は、新婦人内有志後援会のみなさんが早々と来庁され、共産党市議団の4人の議員に素敵な花束をそれぞれに贈呈してくださり、祝福を受けました。お忙しい中、本当にありがとうございました。
[PR]

# by nnakamiti | 2017-02-27 19:42

中道なみ子ら日本共産党市議団4人全員当選果たす

 前橋市議会議員選挙は12日開票され、長谷川かおる候補が2904票を獲得し19位、中道なみ子候補が2826票で21位、小林ひさ子候補が3222票で15位、近藤よしえ候補が2967票で17位で当選し、現職4人が全員当選を果たしました。e0258493_10471936.jpg
 
 当選を果たした中道なみ子ら4人は13日、県庁前に勢ぞろいし(写真下)選挙結果について報告しました。「介護保険の負担軽減と特養ホームの増設、運行が始まったデマンドタクシーを低料金で利用できるよう、公

約実現へ全力を尽くす」「大規模木質火力発電所の建設の動きに関して、運動への圧力も市議選の中でかかった。市民の命と健康を守るため、4人の市議団で引き続き、建設中止の運動に力を尽くす」と公約実現に向けた決意を語りました。
 
 選挙戦は、有力新人が多数立候補し、7人はみ出しの激戦となりました。投票率は43・62%(前回45・54%)でした。
 
 中道なみ子ら4候補は「あまりにもひどい安倍暴走政治と不要不急の公共事業優先で福祉や暮らし、教育が後回しの前橋市政を変えよう」と争点を押し出しました。盛んに広められた「共産党は大丈夫」論や出所不明のビラなどの反響攻撃を跳ね返し、4人全員当選で議案提案権を確保しました。
e0258493_1651157.jpg
[PR]

# by nnakamiti | 2017-02-14 18:33

前橋市議会議員選挙が2月5日告示・12日投票で行われます。

            私は、日本共産党の市議会議員中道なみ子です。 e0258493_15221057.jpg

 私は、みなさんからご支援をいただいて、7期28年「子どもやお年寄り、お母さんの願いを市政に届け、やさしい市政を目指して」頑張ってきました。
 
 これまでも多くのみなさんと力を合わせて、市民の要望を実現するために全力で頑張ってまいりました。特に、広瀬団地に老人福祉センターを建設させたことや<お母さんの願いに応えて子どもの医療費無料化を中

学卒業まで拡大させてきました。すべての小中学校の教室にエアコンを設置させて夏場でも快適に授業が受けられるようになりました。

 これからも市民の要望実現の先頭に立って頑張る決意です。みなさんのご支援を私中道なみ子にお寄せいただきますようよろしくお願いいたします。

 今、安部自民党・公明党政権の国の政治がひどすぎます。国民の李声も聞かずに、戦争法の教皇や年金カット法、とばくのカジノ解禁法、TPP協定など、次々と強行する暴走政治にもう我慢も限界です。

 しかし、その一方で、暴走政治を変えたい、変えることができると国民と野党共闘は大きく発展しています。今度の市議会議員選挙は、前橋から平和とくらしを脅かす安倍自公政権にノーを示す絶好の機会です。

 今 、私たち日本共産党市議団が取り組んでいる市民アンケートには、「生活が苦しくなった」「高い国保税や介護保険料を引き下げてほしい」「年金の引き下げはこれ以上やめてほしい「過酷な税金徴収はやめてほ

しい」など、たくさんの要望が寄せられています。今度の市議選は、山本市政の国保税や介護保険料の引き上げなど市民負担増に賛成してきた自民党系議員や公明党議員を選ぶのか、それとも市民の命とくらしを守

り、市政の転換を求めて頑張っている日本共産党議員を選ぶのかが問われています。 みなさんのご支援で日本共産党を大きく伸ばしてください。

 市民と野党共闘の力をさらに発展させて、政治を変える大きな力にしていこうではありませんか。共産党の4人の市議団を実現させてください。ご当地では私中道なみ子がお世話になりますので、よろしくお願いいたします。

今、山本市政は、前橋駅北口再開発の26階建て複合ビル建設や、132億円もつぎ込んでJR 前橋駅から中央駅までの路面電車構想、日赤跡地のシニアタウン構想、上武国道沿いの北関東一大規模な道の駅構想

など、次々と大規模でしかも、民間主導の事業を進めています。これらは、安部自公政権の地方創生事業の一環です。このような事業が優先すれば、市民の暮らしや被覆し、教育は後回しになってしまいます。

 私は、高すぎる国保税を一人1万円引き下げることや、住宅リフォーム制度を復活させて市民の暮らしと営業を守ります。

 介護保険の負担軽減や、特養ホームの増設、昨年運行を始めたデマンドタクシー「マイタク」を安い料金で利用できるように改善させて、年をとっても安心して暮らせる前橋を目指します。

 すべての小中学校の30 学級や、学校給食費の無料化、保育料の軽減で、子供を安心して生み育てられる前橋を目指します。

 財源の心配はありません。前橋の国保財政は、今、17億5千万円の基金が積み立ててあります。県下一トップクラスの前橋の年間予算は1500億円、財政調整基金の積み立ては、100億円を超えました。

 私は、この財源を活用して、市民の暮らし、福祉、教育などを優先する施策を提案して実現に全力で頑張ります。みなさんのご支援を日本共産党に、私中道なみ子にお寄せいただきますようよろしくお願いいたします。



 
 
[PR]

# by nnakamiti | 2017-01-17 18:21