おいしかった山菜の天ぷら!!

 たらの芽、ふきのとう、さんしょうの若葉をとうとう天ぷらにしていただきました。おいしかった。
[PR]

# by nnakamiti | 2012-04-23 13:19

季節の山菜  天ぷらが一番かな

 「庭のタラの芽とさんしょうの若葉をつんだよ」と、後援会の先輩からいただいた。
実家の庭にもふきのとうが伸びていたのでつんできた。やっぱり天ぷらが一番かな。
                                                  「タラの芽」
e0258493_20254680.jpg

「山椒の若葉」
e0258493_20274519.jpg














          「ふきのとう」
e0258493_15421992.jpg

[PR]

# by nnakamiti | 2012-04-20 20:20

太田市「おうかがい市バス」(デマンドバス)を行政視察 共産党市議団で

 太田市の「おうかがい市バス」事業を19日視察。前橋市役所朝8:30出発。10:00~担当課の説明を受ける。太田市(デマンドバス)は、新年度から運行内容に変更があり、バス料金も300円から100円になった。前橋市(大胡・宮城・粕川運行)のデマンドバスは、停留所式、太田市もドアツー・ドアから前橋市のような停留所式に変更。
e0258493_22282396.gif

 太田市北部運動公園を視察。芝ざくら(ピンク)とネモフィラ(ブルー)のコラボレーションがみごと。
e0258493_17512089.jpg















e0258493_19473311.jpg
















e0258493_19552739.jpg















e0258493_2031984.jpgしゃくやく

















e0258493_206224.jpgすいせんとネモフィラ

















e0258493_19581960.jpg


















e0258493_20111250.jpg
つつじ
[PR]

# by nnakamiti | 2012-04-20 15:08

17日 午後から定例の教育福祉常任委員会開かれる。その後市内視察に。

 今日は風もなく、おだやかな日となった。まず、市役所前に新設した「長昌寺保育園」まで歩き視察。かわいい靴。かわいいトイレ。かわいいお昼寝中の寝顔。なんだかとても気持ちが穏やかに。

e0258493_10195592.jpg


















e0258493_10462940.jpg
















e0258493_10565426.jpg


視察終了後、市のバスに乗り込み次の視察会場へ。
次は、五代町にある前橋市北部共同調理場に。調理済み給食の丸ごと一食分を放射性物質検査のためドイ
e0258493_1192668.jpg


e0258493_11144818.jpg

ツ製のガンマ線スペクトルメーターにかけて、汚染状況を検査。10分後「不検出」と判明。毎日給食食材と調理済み給食まるごと1食分を検査している。前橋市は6月から民間業者に依頼して、給食食材を検査し始めた。全国でも一番早かったと自慢している。


 昨年11月に、ドイツ製のガンマ線スペクトルメーター検査器を購入。今年3月末に機器が入荷。北部調理場と朝日町の保健センターにそれぞれ配置し、学校給食と保育所保育園・幼稚園の給食を検査しています。

e0258493_11482755.jpg


 前橋市は、「テルサ」のとなりの「市消費生活センター」に食品の放射性物質の検査機器を配置する予定です。何故、消費生活センターに配置かといえば、国の消費者庁は、自主的に検査したいと地方自治体から申し出があれば、検査機器を貸与する事業に取組んでいるからで、前橋市も党市議団に促されて手を上げたところ第4回目の申請に当たったことから、5月末には機器が導入される予定。市民からの検査の要望を受けるようにしていくとのことです。



 e0258493_11193627.jpg続いての視察は、西片貝町の「児童文化センター」によりました。センターに入ると大きな丸い石の周りからミスト(霧)が出てきて幻想的な噴水が現れます。噴水の水は、建物の屋上に降った雨水をためて消毒し循環して使っているそうです。屋上の一部には、柴が植栽されており、屋上庭園として温暖化を防ぐ役割をしています。同時にソーラーパネルが数十枚貼ってあり、施設内で使用する電気を発電しています。



 立ち寄った部屋には、1500倍以上拡大してみることができる電子顕微鏡がセットされており、私の髪を一本用立てて、顕微鏡で髪の状況を見ていただきました。まあまあとか。電子顕微鏡は、児童文化センターの中で優れているものの1つだそうです。
 飼育しているめだかが相変わらず元気でした。



 最後に、最先端のプラネタリウムでリラックスした姿勢で夜空の星をながめ、大変気持ちよかった。勉強になった。
[PR]

# by nnakamiti | 2012-04-17 21:58

震災がれきの受け入れ問題が取り沙汰されています。

 前橋市の山本市長は、大澤県知事の依頼を受けて、東日本大震災のガレキ処理を受け入れようという意気込みで、大型バス1台チャーターし、去る3月31日早朝4時30分に前橋市役所を出発して岩手県大船渡市へ向いました。市自治会連合会から会長以下4名、市議会からは正副議長以下各派代表者など、及び関係職員など約40名が参加。中道浪子議員も共産党市議団を代表して参加しました。7時間半かけて大船渡市に到着。午後1番で大船渡市災害廃棄物2次選別所の現地視察(写真)。

e0258493_11241836.jpg



 山本前橋市長は、「大船渡市長に聞いたことですが」と、説明を始めた。「大船渡市長は「本市の震災がれきは市外に持ち出しては困る。なぜなら、市内に太平洋セメントという大きなセメント会社があり、その会社でガレキを燃料として燃やし、燃やした後の焼却灰を今セメントの原材料にしているから外に出しては困ると。また、選別所では市内の住民を150人雇用しているので、ガレキを市外に出すとそれだけ雇用が削減になる」と。

e0258493_11335828.jpg

















e0258493_11284757.jpg
 



e0258493_11411974.jpg


 

        今、震災がれきプロジェクトを立ち上げて、再度どうするか検討しているそうです。
[PR]

# by nnakamiti | 2012-04-17 12:50