5/23 衆・参同時選挙か?店橋世津子氏を日本共産党衆院群馬1区候補に擁立

               衆院群馬1区店橋氏と3区渋沢氏が記者会見

 日本共産党群馬県委員会は23日、県庁で記者会見し、次期衆院選の群馬1区候補に党前橋地区副委員長の店橋世津子氏(54歳)=新=、3区候補に党東毛地区委員長の渋沢哲男氏(56歳)=新=を擁立すると発表しました。e0258493_103127.jpg
 
 元保育士の店橋氏は、働いていた当時から保育士の劣悪な待遇やつめこみ保育問題の改善を求めてきたと述べ「私の活動の原点である子育て応援の社会をみんなでつくりたい」と決意を話しました。 
 
 渋沢氏は、昨年の戦争法強行採決は、憲法を守るべき首相が憲法を蹂躙(じゅうりん)する民主主義を破壊して独裁政治に道を開くものだと批判し「戦争法を廃止し、閣議決定を撤回する政府をつくることが、私の最大の使命だ」と語りました。
 
 小菅啓司県委員長は、参院群馬選挙区ではいろいろな苦労を乗り越えて野党統一候補が実現したと述べ、「衆院選でも積極的に選挙協力の話し合いをしていきたい」と話しました。
[PR]

by nnakamiti | 2016-05-27 09:59