いよいよ参院選告示となる!!比例は日本共産党へ・群馬選挙区は堀越けいにんへ

 
18日、藤岡市の集会での堀越けいにん野党統一候補の訴え(要旨)を紹介します。
「私は、天台宗の常光寺の副住職をしています。また、4年前、作業療法士として訪問リハビリテーション事業

を立ち上げました。その人がその人らしく生きていけるように、社会保障に壁(問題)はあるけど、作業療法士として活躍しようと思っていました。e0258493_16402548.jpg
 
 しかし、現政権が私の思いとはまったく逆の方向に進もうとしていると感じたのは、昨年の安保関連法の強行採決です。9割の憲法学者が違憲といい、全国で反対の声を上げている国民を無視し、委員長席を取り囲

んでわけのわからないうちに決めてしまった。国権の最高機関の国会で、私たちの不利益なものでも数の力で決まってしまうと恐怖を覚えました。

大企業と大株主を応援する一方で、私たちのくらしは豊かにならずに、格差は広がるばかりです。大企業の内部留保や租税回避地への税金逃れなどを規制し、もうけや利益ん応じた税制システムをつくって私たちの
社会保障に充てれば消費税増税は必要ありません。

 安倍政権は争点を隠そうとしています。アベノミクスにはもれなく改憲がついてきます。自民党改憲草案の中身が国民に知られれば票が逃げると分かっているのです。私たちが争点に押し上げていきましょう。軍備と

社会保障は両立できません。戦争で経済を回すのではなく、安保関連法を廃止して国民の一人ひとりの命を守る国づくりに帰るためにも、絶対に勝ちに行きたい」と訴えました。

 中道議員は「若者の代表、群馬の代表として、ぜひ国会に押し上げたい。歴史的な野党統一候補で実現したい」とのべています。
[PR]

by nnakamiti | 2016-06-22 09:43