日本共産党前橋地区委員会が来年2月市議選と総選挙を目指して演説会を開く

 日本共産党前橋地区委員会は18日、県公社総合ビルで演説会を開催しました。県議団事務局長の大沢e0258493_16545749.jpg綾子さんの司会で、最初は、日本共産党前橋市後援会を代表して大野豊文副会長からご挨拶があり、続い

て、店橋せつ子衆院群馬選挙区予定候補があいさつと決意を述べました。続いて、長谷川市議団長より市議選の基本政策と争点の報告、決意と抱負を述べました。

 e0258493_16433370.jpg続いて、中道なみ子・小林ひさ子・近藤よしえ市議がそれぞれこれまでの議員活動で果たしてきたことや今後の市政の課題などを述べて、市民の命と暮らしを守る市政へ全力を挙げて頑張る決意の表明がありました。

 最後に、梅村さえ子衆院議員から、全国の地方議員の活躍や東京都議団の活躍、富山市議団の党議員のe0258493_16471816.jpg奮闘などを紹介。7月の参院選挙での市民と野党共闘で群馬でも躍進したことに触れて、来るべき総選挙で

の躍進を目指して、自らも頑張る決意を述べ、この機会にぜひ、日本共産党に入っていただきたいと会場の参加者に呼びかけました。

 閉会あいさつは、酒井宏明県議が市議選の支援を訴えました。
募金のご協力ありがとうございました。

 中道浪子議員は、次のように決意表明を行いました。
「みなさん、こんにちは。ご紹介いただきました市議会議員の中道浪子です。どうぞよろしくお願いします。
暑い、暑いと言っている間に、いよいよ市議選です。
 
 私は、みなさんからご支援をいただいて、7期28年「子どもやお年寄り、お母さんの願いを市政に届ける」ために全力で頑張ってまいりました。

 前橋市では、大規模開発優先で、お金があるのに福祉・暮らしが後回しになっています。
介護保険は、3年ごとに改悪を続け、前回前橋市は、総額11億円もの保険料を引上げて市民からの苦情が

殺到しました。安倍政権は、さらに改悪を強行し要支援1と2を介護保険から外して、「新総合事業」として市町村の高齢者一般福祉に移行させました。前橋市は、来年4月から移行しますが、お隣の高崎市では、すで

に新総合事業を昨年4月から始めて、話題になっているのが「介護SOS」サービスです。65歳以上の人で介護や見守りが必要なとき電話相談「介護SOS」を利用し、プロのヘルパーが夜間訪問サービスに出向いた

り、宿泊が必要なときの受け入れ態勢も整っており、24時間・365日対応しています。今年の4月からは、1日3食・365日の高齢者給食サービスを開始し、1000人を目標にしています。緊急通報電話は、所得制限な
しで65歳以上ならだれでも利用できます。

 前橋市も、高崎市にならって、せめて「介護SOS」サービスや介護サービスを利用していても給食サービスが利用できるようにすべきで、緊急通報電話なども非課税世帯と限定せず、65歳以上ならだれでも利用でき

るようにすべきと、私はこの9月議会でも追及してきました。
特養老人ホームは、施設が足りないので待機者が増え続けているのに、あろうことか、国は要介護3 以上で

なければ入所申請を受け付けないと改悪しました。施設を増設して待機者を減らすのではなく、入所者を限定して待機者を減らすのはまぎれもなく「国家的詐欺」ではないでしょうか。

 このように安倍政権は介護保険制度を大幅に改悪したばかりなのに、次の改悪案の論議が始まり、今度は「要介護者の保険外し」や40歳以下から保険料の徴収などを狙っています。みなさんこんなひどいこと許せますか。これには、さすがに市の職員も憤慨していました。
 
 みなさんもう一つの問題は、高すぎて払いたくても払えない国保税ですが、もう限界です。払えなければ保険証を取り上げ、給料や年金の差し押さえです。国も市も最高限度額を引上げれば、ことが済むかのように3

年連続最高限度額を引き上げました。国保税が高い理由はご存じのように、国の負担金をどんどん減らし、加入者への負担を重くしているからです。前橋市の国保会計の基金は今17億5千万円あります。国からの保

険者支援金が4億円あります。合わせてこの21億円あまりを使って、国保税を1人1万円引き下げさせようではありませんか。

 市は、国保会計には一般会計からのお金は入れないと一貫して拒んできたのに、市議団は粘り強く取り組んで、2013年と14年には一般会計を投入させて国保税の引き上げ幅を抑えることもしてきました。基金は市

民から国保税を取り過ぎたからのものですから、国保税引き下げのために使わせていこうではありませんか。

 私たち市議団はこれまでも、どんなことでも粘り強く取り組んできました。子どもの医療費を中学卒業まで無料化させて、全国でも先進自治体になりました。市営・県営住宅のエレベーター設置などは優れた取り組みに

なっています。これからも、市民のみなさんと力を合わせて、どんなことでもあきらめず、どんな難題でも負けることなく全力で頑張ることを申し上げまして、わたくしの決意表明といたします。」

e0258493_16492546.jpg

[PR]

by nnakamiti | 2016-09-20 16:49