10/16 「やったぞー」新潟県知事米山隆一野党統一候補が勝利

        「原発再稼働ノー」市民と野党共闘が実る

e0258493_16471285.jpg(10/16付しんぶん赤旗日刊紙より写真と記事を掲載 )
10月16日投開票の新潟県知事選で、市民と共産・自由(旧生活)・社民・新社会・緑の5党が擁立した米山隆一氏(49)が、自民・公明推薦の森民夫氏(67)=前長岡市長=を大接戦の末に破り初当選を果たしまし

た。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が大争点の選挙戦。最終盤に官邸、自民党本部、電力業界を中心とする財界の激烈な締め付けを跳ね返した、市民と野党による歴史的な大勝利です。
 
        日本共産党志位委員長の談話
 日本共産党の志位和夫委員長は16日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を最大争点とする新潟知事選挙で、野党と市民の統一候補としてたたかった米山隆一氏が勝利した結果を受け、党本部で記者会見を行い、次のように述べました。

一、米山隆一さんと言う素晴らしい選択をされた新潟県民のみなさんに、心からの敬意と感謝を申し上げたいと思います。

一、米山隆一さんの勝利は、何よりもまず、「柏崎刈羽原発の再稼働を認めない」という県民の明瞭な審判を示すものです。私は、政府と東京電力に対して、この県民の審判を重く受け止めることを強く求めたいと思います。

一、米山隆一さんの勝利は、野党と市民が本気で力を合わせるならば、1プラス1が3にも4にもなり、政府・与党の激しい攻撃を跳ね返して、勝利することができることを示しました。この勝利は、新潟にとどまらず、日

本全国での野党と市民の共闘の新たな発展を促し、日本の政治の前途に大きな希望をもたらす文字通りの歴史的勝利となりました。

一、日本共産党は、他の野党、市民とともに、米山新知事を支え、米山新県政を発展させるために、全力を尽くす決意です。「やりましたね」。
[PR]

by nnakamiti | 2016-10-17 16:49