11/7 中道なみ子議員ら2017年度予算要望書を市長に提出

 
 日本共産党前橋地区委員会と前橋市議団の長谷川薫・中道浪子・小林久子・近藤好枝市議は7日、来年e0258493_12465819.jpg度予算編成に関する予算要望書を山本龍市長に手渡し、懇談しました。店橋世津子衆院群馬1区候補、酒井宏明県議が同席しました。
  
 席上、白鳥淳一地区委員長は、安倍自公政権の暴走から市民のくらしを守る防波堤の役割を果たしてほしいと要望しました。長谷・中道・小林・近藤の各市議は、高すぎる国保税の引き下げや行き過ぎた税収納行政

の是正、タクシー運賃の一部を高齢者に助成する「マイタク」運行の改善など住民の切実な要望を伝え、実現を求めました。
 山本市長は、木質火力発電所の建設について会心の姿勢を示す一方、放射能の影響をしっかり監視していく必要があると述べました。
[PR]

by nnakamiti | 2016-11-09 13:13