前橋市は、岡本太郎の「太陽の鐘」を広瀬川河畔に設置か?

 前橋市は広瀬川河畔に芸術家、故・岡本太郎氏の造形作品「太陽の鐘」の設置を計画していると、5月21e0258493_15572895.jpg日の市議会総務常任委員会と22日の建設水道常任委員会に報告をしました。議員から「設置場所はふさわ

しいのか」など様々な意見が出され、結果的に10月下旬に予定していた設置計画が大きく見直されることになった。

 そもそも「太陽の鐘」は、日通商事の伊豆富士急ランドに設置されており、ランドの廃業で倉庫に眠っていたのを、前橋市が日通から無料で寄贈(前橋駅北口の日通跡地に26階建てビル建設との関連か?)を受けることになったのです。

 「前橋めぶくトーク」第2回が7日、「太陽の鐘」をテーマに前橋テルサで開かれ約450人が来場。
設置場所のデザインを手掛ける建築家の藤本壮介さん、市への寄贈を仲介した岡本太郎記念館長の平野暁

 臣さん、眼鏡チエーン店のジンズ社長の田中仁さんが語り合いました。平野氏は岡本太郎の人となりを語り、いかに太郎は無欲であったかを熱弁。

 中道議員は「日通からの寄贈で市は『ただほど高いものはない』とならなければよいが。設置場所は市民合意が必要」と述べています。
[PR]

by nnakamiti | 2017-06-20 15:57