6/3 「学校給食費の無料化をめざす会」が総会開く

 「ぐんま学校給食の無料化をめざす会」は3日、県男女共同参画センターで第4回総会を開きました。
 会が結成された2014年度は7市町村が給食費の無料化を実施(完全無料化は3町村)。今年度には20市
e0258493_1664966.jpg
町村(完全無料化は8市町村)に広がっています。現在第3子以降となっている富岡市も、3月の議会で日本共産党の質問に対して、市長が来年度からの完全無料化を表明しています。総会で、田島千佐子事務局長

(新日本婦人の会群馬県本部会長)は経過報告で、「県民の声が行政を動かしている」と強調。
参加者は、学習・交流を深めるとともに、首長や議会への請願・陳情署名の取り組みで県民世論を広げ、無料化をさらに前進させようと確認しました。

 活動交流では、「市長の要請行動の中で、今年度からの無料化が表明された」新婦人渋川支部、「自治体の担当課長をパネリストに学習会を実施(5月)。行政を励ましながら無料化を広げていきたい」ぐんま住民と

自治研究所、「学校教育の無償化と幼児教育の負担軽減の観点から署名に取り組んでいる」県保育問題連絡会などの発言がありました。

 日本共産党の伊藤祐司県議は、中学3年までの子どもの医療費無料化を県に実施させた県民運動にふれながら、「給食費無料化も、子育て世代や保守系議員、行政の職員との共同を広げることのできるテーマ。市町村で前進すれば、必ず県でも実現できる」と強調しました。中道議員も総会に参加しました。
[PR]

by nnakamiti | 2017-06-20 16:06