人気ブログランキング |

天川大島原町老人クラブから前橋市議会に陳情が提出されました。

 天川大島原町老人クラブ(会長 蚊爪 勉)から「マイバス路線の増設など」の陳情書が前橋市議会に提出され、20日に教育福祉常任委員会と21日、総務委員会で審議されました。提出された陳情書は、次のような内容です。

「日頃から、市民福祉の充実のために努力されていることに謝意を表します。お聞きしますところ、市当局は、高齢者予算の削減の検討に入っているとのことですが、つきましては、次の項目について、陳情書を提出します。施策の充実のためにご尽力されることをお願いいたします。

       記

、巡回マイバス路線の充実を図ってください。

前橋大島駅からマイバスを天川大島町3丁目、 丁目、1丁目朝日町4丁目経由で日赤病院行きの路線を新設することを検討してください。東循環2台

     写真は前橋市のホームページより





2、現在のマイタク登録者数は、約22000人、マイナンバー申請者は約2割とのことです。カードに統一することは、高齢者の利用を締め出すことになります。よって、現状通り、マイタク利用者登録証とマイナンバー取得者との併用を続けるよう強く求めます。

3、緊急通報システム制度(高齢者)の対象者は、住民税非課税世帯となっていますが、せめて、高崎並みに所得制限はなく希望者に設置できるように制度の改善を図って下さい」というものです。                             

20日の教育福祉常任委員会 では、の緊急通報システム制度の改善について審議。共産党の長谷川議員は「前橋市も要望に応えるべき。前橋では何人が利用していて、年間予算はいくらか。また、高崎市についてお聞きします」と当局に質問。

当局は「前橋市は、153人が利用しており、年間予算は851万4千円。高崎市は、3300人が利用、年間予算は約3億円」と答えました。発言した他の議員は、高崎と比べるのではなく、前橋もいろいろな施策を行っていると陳情書の願いに沿わないことを述べました。

 21日の総務常任委員会では、のマイバス路線の充実とのマイタク利用者登録証とマイナンバー取得者との併用を続けることを求めることについて審議。共産党の近藤議員は「日赤の移転によって起こった問題。緊急な対応が求められている。どのように考えているのか。また、マイタクの乗車証は両方の併用を続けるべき」と質問。当局は「考えながら検討 していく。当面、乗車証は両方の併用をしていく」と答えました。近藤議員はさらに「今まで日赤にマイバスで通えていた人が通えなくなるのは行政の責任」と厳しく指摘し、マイバス路線の充実を求めました。他の議員も発言しましたが、陳情書の内容にズバリ寄り添って質問したのは共産党の近藤議員でした。傍聴していた市民の方から「よく共産党議員が頑張ってくれた」と評価の声が寄せられています。






                          


by nnakamiti | 2018-11-29 21:32

イチジクをもらったので、ワインとはちみつ、レモンで煮てみました。

 甘酸っぱくて、とてもおいしく仕上がりました。ヨーグルトにかけていただきました。イチジクたくさんいただいて、ありがとうございました。
e0258493_15204677.jpg

by nnakamiti | 2018-11-21 15:15

日本共産党演説会に350人弁士は酒井宏明県議など

来年4月は県議選、7月には参院選で「野党共闘の前身」と「共産党の躍進」で、安倍暴走政治に代わる新しい政治をら切り開こう!
 日本共産党前橋地区委員会は17日、県民会館小ホールで演説会を開催しました。会場は350人が集まり熱気に溢れました。開会にあたって、白鳥地区委員長と樋口和彦・党前橋後援会長より挨拶があり、市民連合・群馬平和の風代表の大川久美子さんからは「野党共闘を進めて政治を変えよう」と激励の挨拶がありました。
 「来年4月の県議選で何としても3度目の県議会に送っていただきたい」と酒井宏明県議会議員から決意表明がありました。酒井県議は「非正規で働く女性から『病弱なのにダブルワークしている。今の社会おかしい』などと不満や怒りの声が寄せられている。県内での学校給食費の無料化運動が全国トップクラス。実現に頑張りたい。国保税が高すぎて悲鳴が上がっている。その上、滞納者への制裁がひどすぎる。県議団の役割は、県政の厳しいチエック役と県民要求実現の確かな力。高崎・前橋・伊勢崎の3議席になればもっと大きな力になる。全力で頑張る」と決意を訴えました。

 日本共産党は、来年の参院選の全国比例代表で7名の当選と、各選挙区での当選をめざして頑張る決意を固めています。その一人、北関東比例ブロックの予定候補者・梅村さえ子(前衆院議員)さんは「子育てと消費税をなくすために30年間頑張ってきた。今度も国会へ送って仕事をさせてほしい。衆院議員在任中は60回の質問をした。群馬の子どもの医療費無料化制度は全国にも誇る制度。そのペナルテイーを国にぶつけて削減させた。国会に送っていただき今度は国民いじめの消費税増税を絶対阻止したい」と決意を述べました。参院群馬選挙区の伊藤たつや予定候補は「群馬県中どこに行っても『安倍政権を何とかして欲しい』と怒りの声や『共産党と野党の共同』を望む声が寄せられている。野党共闘の候補になって国会に送ってほしい」と訴えました。
 





最後に,藤野衆院議員より「アベのミクスは格差と貧困を広げた。日米の自由貿易・原発・外国人労働の問題など厳しく批判。アメリカいいなり、大企業優遇を乗り越えて、新しい政治の展望を開こう」と呼びかけました。


by nnakamiti | 2018-11-19 14:23

日本共産党前橋市議団の視察報告(11/6~8日)

■市営高齢者共同居住(ナゴヤ家ホーム)・名古屋市
前橋市は、5千戸以上の市営住宅を維持管理していますが、千戸以上も空き部屋になっています。中でも、高齢者の入居待ちは大勢おります。空き部屋があっても3階以上はエレベーターがなければ入居は無理です。 

名古屋市は、人口約220万の政令都市。さすがに、6

(ナゴヤ家ホーム)が市民にどのように利用されているのか参考に視察しました。もちろん、前橋市のようにシルバーハウジングは別途あるそうです。

昭和時代建設の市営住宅はほとんど建て替えし、残っているのは一部だけとのことです。建て替え後(エレベータ付き)に空き部屋となった一室を改修して、2人用と3人用の高齢者共同居住にして、トイレ、お風呂、台所などは共同使用です。基本は元気に自立しているひとり暮らしの高齢者が入居対象です。NPO法人などに事業運営を委託しており、安否確認などの見守りサービス(1か月19200円)が付いています。家賃は、9200円~17000円(建物により。

e0258493_13330710.jpg

共同生活ですから、息の合った人どうしでなければ難しさがあるようです。
■西新道錦会商店街の商店街振興・京都市

 本市の郊外に大型店が出店し、市内の商店街はどこでも疲弊しています。中心街もイベントの時は人が集まりますが、恒常的には、ひっそりです。
 京都市の中京区の西方にある食品店中心の昔ながらの下町商店街の西新道錦会商店街を視察しました。今から10数年前に視察したことがありますが、近年どのような状況にあり、どのような努力が続けられているのか学びました。商店街で婦人服小売業の畑宏治理事長(他に京都商店連盟理事・中京区民商副会長)
にお会いしお話を伺いました。「この商店街は、昔の友禅染工場の職人さんたちの朝夕食事の賄を当てにする店が次々と出来、それが線となって商店街を形成していた。最盛期を100とすれば、今は20位でガレージやマンションに変化した。この商店街には2世代・3世代居住が多く、店の継承が成り立っている。交通はJR・私鉄等徒歩5分で生活に便利。町内会や隣近所の交流が今も残っている。子育ても安心・安全な地域」と言います。商店街に独自の商店街事務所(エプロンホール)を維持管理しており、事務局と事務員を置いています。毎週金曜日は、高齢者一般へのお昼の「お弁当食事会」を実施。地域住民向けには、毎月第2水曜は桂三風の「落語会」、第1土曜は「無料困りごと相談会」、第4土曜は「地区社協のおしゃべりコーヒータイム」、第2水曜は商店街おかみさんの「得とく市」朝市、第3水曜は「昔なつかしい抒情歌を歌う会」第3土曜は「無料法律相談会」、第3月曜は「無料医療相談会」と常にお客を呼び込み、商店街と住民の交流に努力していました。
■道の駅「藤川宿」・岡崎市
前橋市は、2021年6月オープン予定で上武国道沿いに7㌶もの道の駅建設を進めており、総額100億円もの事業です。今から5年前に、道の駅「藤川宿」建設が始まったばかりの時、総務委員会で視察したことがあり、今どのようになっているのか現状を視察しました。

e0258493_13334936.jpg

現地で市職員と指定管理の駅長から説明を受けました。「藤川宿」の規模は約14.000平方㍍、事業費総額は当時19億円、駐車場195台、事業運営はJAと民間の指定管理、利用者数約110万人(昨年度)

24時間営業はコンビニのみだが、地元のお土産品もおいてもらう。運営上の問題点として、産直野菜の端境期の品薄、コンビニと軽食コーナーで

の人手不足、近隣の在住者の自家用車やキャンピングカーなどの長期滞在の問題、建設時の駐車場の枠が狭かったが国土交通省に改善を図るよう要望しようやく実現し、来場者が増加したことなど話されました。


 





by nnakamiti | 2018-11-14 09:48

日本共産党前橋市議団が2019年度予算要望を市長に提出

e0258493_17423630.jpg
 日本共産党前橋地区委員会と党市議団は5日、市民や民主団

体・労働組合などからの要望をまとめ、2019年度予算要望書を策定し、山本市長に提出、中島副市長、倉嶋副市長と懇談しました。要望書は、160項目になりました。

白鳥党地区委員長は、安倍政治がひどすぎる。国の悪政から市民のくらしを守るように力を入れてほしい」と要望。

 長谷川市議団長は「大規模な道の駅建設など大型開発が目白押しだが、福祉や教育予算を削減するようなことになったら問題。大丈夫なのか」と指摘し、問題点を投げかけました。中道議員は「市営住宅の空き部屋が増えている。もっと予算を組んで改修し入居につなげて欲しい。市営住宅は前橋の宝。県は広瀬団地の県営住宅を順次進めて入居を斡旋している。負けずに頑張ってほしい」と要望。  
 また、「公共交通を便利にしてほしい。市内各地域からマイバスの新規路線の要望が出ている。特に広瀬団地・山王町、大島駅を繋ぐマイバスを走らせてほしい」と要望しました。小林議員は「道の駅の

建設を進めているが、郊外型の施設を推進して街中の再開発は人が集まるのか」と指摘しました。倉嶋副市長は「街中に住んでもらうようにオフィスビルや教育施設、宿泊施設などを考えている。絶対にうまくいくとは言い切れないが、働く人を街中に住まわせていきたい」と述べました。近藤議員は「今でも税滞納者への過酷な差押えが続いている。これ以上要望しなくて済むように改善を求めたい」「宮城の大規模発電所の騒音や放射能汚染の問題を解決してほしい」と要望しました。    

酒井宏明県議は、平和行政について要望。「オスプレイの飛行訓練をやめさせてほしい。平和資料館を設置して、前橋空襲などの資料をまと

めてほしい。給食費無料化」もと最後に要望しました。


by nnakamiti | 2018-11-05 17:45